恩義


今朝のニュースで訃報を知った。


この方は私が新入社員で(株)コマツに入社した時の社長だった。

しかしこの方がただの社長でなかったのは、私も含めて100名の大卒&高専新入社員全員に一年間の新人研修をさせたこと。

全国のコマツグループの拠点をまわらせ、研修を積ませた。もちろんホテルも食費も一切合切会社持ちだ。

繰り返すがそれを100人に1年間。なんの仕事もしないで、会社の経費で勉強させてもらった。いかに大企業といえども、よほどの豪気さだと思う。


もちろん当時から批判意見はあったようだ。「こんなことしてなんになる?」「使い物になるのか?」と受け入れ先の教育担当社員にも時折言われた。

その意見もよくわかる。。。


結局、新入社員一年研修制度は我々の代で終わり、翌年からは通常の3ヶ月程の研修になった。多分私たちは失敗だったんだと思う。笑。


私はでもこの社長凄いなと、さすが大企業のトップは違うなと、変に感服しつつ、ありがたく色々な勉強をさせてもらった。

と言いながら、研修後に職場配置されて3年で脱サラしたのだから私は言わば期待はずれの裏切り者と言うことになるだろう

100人の同期の中で私が真っ先に辞めてしまったのだから、費用対効果も最悪だ。安崎社長すいません。


それでもめげずに考えると、その後の私の人生には常に教育が大きなテーマで有ることに思い至る。

教えをもらった分、それはまた誰かに伝えなきゃいけない。そして一緒に成長していきたい。そう言う気持ちが自分のなかに確固たる位置を占めているのは、安崎社長の一年研修もまた欠かせない要因になっているんじゃないか、そう思う。


ああ、恩返ししたかったな。


安崎社長は胆のう癌がわかってもQOLを大事に標準治療を避けられたと言う。財界人では珍しく生前葬で感謝を伝えられたと言う。

一年研修を断行された安崎社長は最後まで変わらず安崎社長であられたんだなと思う。


私はすぐに人の恩を忘れてしまう。安崎社長に頂いた一年間を、忘れず大事にしたいと思います。

安崎社長、ありがとうございました。



三宅弘晃

[PR]
by wagoichi | 2018-05-31 18:53 | 人生