「丹足ビデオ」の撮影



e0359411_15254764.jpg




この度、丹足普及協会・千照館では「丹足ビデオ」を製作することにしました。

「たんそく」という読み仮名さえ知られていないこの代物を伝えていくための広報ツールとして、また丹足を練習している人たちの教材ツールとして、本気のビデオを作ろうと言う試みです。






e0359411_14532164.jpg





丹足の踏み手は、千照館師範代の井上紙鳶。

「外はぎ」「背ずらし」「内ほり」「揉転」という基本の型を全て惜しみなく見せます。

解説もちゃんとあります。

私の話も少し入ります。

今の丹足の最先端をお見せするビデオになることでしょう。







撮影から編集までをお願いしたのは、こちらスタジオエルクさん。


人に紹介され、社長の根来さんの人柄とこれまでの作品に一目ぼれしました。とにかくかっこいい動画を撮る人、私はそう思っています。



e0359411_14433150.jpg
(後ろはこの日アシスタント下さった今村さん)





カメラ3台。ライトピカピカ。まあ、緊張はしました。




e0359411_14433297.jpg
(撮影は奥の間で)



そして奥の女性はナレーターをお願いした竹内明美さん。

井本トレーナーのご縁で初めて一緒に仕事をしましたが、朗らかで元気で声に芯があって、元気な丹足を広げていきたいこのビデオにピッタリの人だなと嬉しくなりました。







e0359411_14433216.jpg
(途中休憩もぐもぐタイム。)




無理を言って途中で休憩時間をつくってもらったんです。

やっぱり緊張しますから。カメラ3台。光ピカピカ。


「平常心で踏めばいい」と言われても、普段の真剣勝負の施術とは周囲の環境が違う。

やっぱり丹足は型ではなく相手との気持ちの繋がりがあってこそ美しさが出てくる。


結構苦戦しましたな。笑




それでも初めて出会った撮影チームの皆さんの雰囲気がとてもよく、随所に笑いあり、応援あり、撮り直し多々あり。。。。でいい映像を撮ってもらえたと思います。


これからスタジオエルクさんで編集作業に入ってもらいます。

完成は5月20日の予定。



丹足に興味のある皆さん、楽しみにしておいてください。

会員さんはもちろん、非会員さんへの一般販売も考えています。



丹足の美しさを世界に!



強力な武器が手に入りそうで、とても楽しみです。






e0359411_14433238.jpg


※協会ホームページ更新情報

ハッピーアースデイ大阪のレポート (←クリック)もアップされました。謎のカウンターの種明かしもされています。







一般社団法人丹足普及協会・千照館
代表理事 三宅弘晃


[PR]
by wagoichi | 2018-03-30 15:22 | 協会