「生駒山断食丹足合宿」の当日スケジュール


わごいちのお客さんに「いよいよ断食合宿やりますよ」と話をしていたら、「座禅もするんですか」と聞く人が意外に多くいます。

いえいえ、座禅はしませんよ。そっちのほうはお坊さんにお任せしたいと思っております。


私はかりそめにも整体師ですから、しかも内臓を重視する整体師ですから、あくまでも内臓機能を高めることに重点を置きたいと思っています。空腹で丹足を行って、内臓を活性化する。それこそ思春期くらいの活性を内臓に引き戻すことを狙っています。

そういう合宿だとご理解ください。



さてさて、では気になる当日のスケジュールです。日本でここしかない合宿。そして多分2度目はもうないプログラム。

いよいよ公開~~~



e0359411_17561076.jpg

では順番に説明しましょう。




◆ ◆ 1日目 ◆ ◆


11:30に生駒駅前のロータリーに集合です。マイクロバスで送迎してもらえます。遅れたら自力で(山の中まで)来ないといけないので、時間厳守しましょう。



e0359411_18570768.jpg
(生駒山麓ふれあいセンター 正面玄関)


約30分で生駒山麓公園ふれあいセンターに着きます。部屋は和室の10名部屋と5名部屋をいくつか予約しています。男女は別になります。個室はありません。(家族単位なら5人部屋を貸し切ることは可能です。またどうしても個室がいいという人は、部屋が空いていれば5人部屋を一人で使ってもらうこともできますので、相談ください。ただし部屋料金は+αが必要となります。)

まあユースホステル気分で、初めて出会う人と仲良くなりながら雑魚寝を楽しむのがいいと思います。


e0359411_18530400.jpg
(2階5人部屋からの風景)




◆ ◆ ◆


部屋に荷物をおいてちょっと落ち着いたら、早速周辺の散歩に出ましょう。

真冬の生駒の山の中、ダウンジャケットは要るでしょうね。多分こんな感じかと。


e0359411_18045629.jpg
(これは昨年同時期のるり渓の写真です)


まあちょっと歩いて、体を温めて、温まりそうになかったら屋内に移動して体操などして、体を生駒の空気に馴らしていきましょう、という時間です。



◆ ◆ ◆



体が緩んで温まったところで?1回目の丹足練習です。

今回は初心者の方もウエルカムの行事です。二日間で3回の練習会を予定しています。千照館道場生の皆さんはどんどん踏んで行ったらいいですが、初心者の人にも合わせてゆっくりと丹足に親しんでもらえるプログラムを組みます。

各90分を3回。短期間にこれだけ練習したら、終わった時には一通り丹足入門編はマスターできると思います。内臓を活性化するだけじゃなく、丹足のテクニックも持って帰ってください。

とても良心的なイベントですね。笑





◆ ◆ ◆



1回目の丹足練習の後、自己紹介などをしましょう。ここの仕切りは「合宿の直前におもいっきりご飯食べて臨みますから!」と宣言されている赤松理事先生の軽妙なトークにお任せします。

私が仕切ると場が重くなるんでね。折角の出会いを楽しみましょう、という時間です。



◆ ◆ ◆



その後は自由時間です。結構自由時間は多いのですよ。

ごろごろしたり、外を散歩したり、お風呂に入ったり、(こっそり併設のレストランでご飯食べたり、、、)、おしゃべりに興じたり、ご自由にどうぞ。

じっとしていると空腹に耐えられない・・・・という人は、フィールドアスレチックやグランドでサッカーなどもできます。(ボール等は各自持参ください)。またたーさんと相談してオプショナルツアーなど考えるかもしれません。


e0359411_18523488.jpg




◆ ◆ ◆


その後はお風呂タイムです。広くて綺麗なお風呂を楽しめます。もちろん生駒山の冷水シャワーも素敵だと思います。(宿泊者は17:00~21:30は無料でお風呂に入れます。)

e0359411_18533402.jpg
(お風呂の外観)





◆ ◆ ◆



さて初日の夜です。

座禅や瞑想などはしませんが、久々に「おなか元気ばなし」をやろうと思います。(私の出番は多分ここだけです。)

まだ話す内容は決めていませんが、「一期一会」が今の私の仕事のテーマですから、この生駒山断食丹足合宿ならではのお話を皆さんとできればと思います。

またいつもの私のスタイルですが、聞いている皆さんにもどんどん話に入ってもらえるような時間にすると思います。

その後自由時間を経て消灯です。

消灯は22:00です。


e0359411_18561412.jpg
(10月の5時半でこの暗さ)




◆ ◆ 二日目 ◆ ◆


起床6:30

想像するだけでも寒いです。眠いです。でも一つだけ素晴らしいことがあります。

かつてなかったような「ぺったんこのおなか」の朝です。



さて散歩に行きましょう。

散歩して体操して、千照館流四股踏みをレクチャーしますよ。一気に体温が上がり、目がバッチリと冷めます。生駒の風が心地よく感じられます。



◆ ◆ ◆


朝の散歩も終わって、普通なら朝ご飯です。我々おっちゃんは、朝ごはんにビールを付けるかもしれません。

ところがどっこい、ここは断食丹足合宿です。朝の準備体操が終わったところで、朝練をしましょう。


丹足練習会第2弾です。


◆ ◆ ◆


今回の合宿での丹足指導は、難関の中級トレーナー資格を獲得しているであろう、たーさんこと井本トレーナーが指導をしてくれます。

今からこの合宿に向けて、井本トレーナーと私で極上のプログラムを組んでいきます。どうぞお楽しみにしていてください。



◆ ◆ ◆



その後自由時間 → 丹足練習会 → 自由時間 を経て、回復食を取りたいと思っています。(どのような回復食にするか、施設の設備や条件なども含めて只今検討中です。)

断食は、食を断つことも大事ですが、その後の日常生活への戻して行き方がより大事です。合宿前後にどのような食事のとり方が良いか、また申し込み者の皆さんに事前にお伝えするつもりです。

そして最後に2日間を共に頑張った戦友?の皆さんで感想等を共有して解散。

再びマイクロバスで生駒駅まで向かいます。16:30の解散となります。



◆ ◆ ◆



今決まっているのは以上です。プログラムもまだ細かいところは変える可能性があります。

場合によっては当日の様子で変えることもあるかもしれません。初めての試みですからね。



参加費もまだ確定はできていませんが、おおよそ1万2千円程度と思います。駅までの送迎代、宿泊費、丹足練習会費、回復食費など全て込みの値段になります。(但し「おなか元気ばなし」は、参加費の代わりに熊本地震義援金を募ります。)

また決まり次第ここで公表します。

なおご家族でのご参加もウエルカムです。小学生以上なら一緒に断食してもいいし、お子さんや同伴のご家族は断食しないのなら併設のレストランを使うこともできます。その辺はまたご相談ください。



e0359411_18585349.jpg
(撮影時が夕暮れ時で暗いですが・・・・)


e0359411_18542459.jpg
(子供心をくすぐる遊具もいろいろあります)





申込受付開始は、12月10日を予定しています。(多い目に部屋を取っていますので大丈夫と思いますが、人数が多すぎる場合は先着順にさせて頂きます。)

いましばしお待たせしますが、細かい詰めが終わるまであと3日時間をください。






一般社団法人 丹足普及協会・千照館
代表理事兼師範 三宅弘晃





[PR]
by wagoichi | 2017-12-07 18:59 | 行事