「万博丹足」直前企画~地元民によるナウな大阪万博案内





合言葉は「太郎の背中を目指せ!」。

あと3日、15日の「フリマde丹足」第2弾 @大阪万博記念公園の開催です。実は・・・何を隠そう、万博まで歩いて行ける距離に住んでいる私。地元愛を込めて、今日は大阪万博公園をご紹介しましょう!!!



e0359411_17093636.jpg

まず当日は車では来ない方が良いです。なぜかというと、


e0359411_18144149.jpg


こんな看板が出ている通り、万博公園でイベントがあるときは、周辺道路は完全にマヒします。(地元民は週末、万博に車で近づきません。)

ですので、渋滞ストレスの無い(混雑はするかもしれませんが)、モノレールで万博公園に向かいましょう。



e0359411_17150887.jpg
これが大阪モノレール。

年甲斐もなく、子供に混じって先頭車両の一番前で興奮する私がいます。


いよいよ万博記念公園駅に入ります。


e0359411_17155869.jpg

この瞬間。

銀河鉄道999の宇宙ステーションを連想して目がキラキラする45歳は、私だけでしょうか。





駅に着きましたよ。

e0359411_17173856.jpg
ガンバ。


e0359411_17183931.jpg
ガンバ。

e0359411_17185548.jpg

またまたガンバ。ガンバ一色。

というのも、すぐ隣にガンバスタジアムがありますから。ガンバの試合があるときは、やはり周辺大混雑します。



さて改札をでます。

「万博記念公園」の誘導に従って、改札を左に進みます。


e0359411_17213924.jpg
すると・・・


e0359411_17230597.jpg

左にいきなり、愛すべき「太陽の塔」が。

今すぐに触れたい気持ちをぐっとこらえて、まっすぐスロープを下ります。



e0359411_17245943.jpg

坂の下にあるのは、エキスポシティ。

シネマや水族館、ショップやフードコートなど家族で楽しめる施設です。まあ今回はスルーして先に進みます。



「左向け左!」でゲート登場。

e0359411_17280220.jpg
このゲートをくぐるって長い橋を渡ります。


ちなみにゲートの両側にはこんな看板が。

e0359411_17300956.jpg

食いしんぼさん、丹足はそっちじやありませんよー。



橋を渡ると、入場口。

e0359411_17311690.jpg
公園入場料を払って入ります。

公園全部回ると解るかと思いますが、これだけの広大な公園を、この入場料で利用できるのは本当に有難いと思います。(ちなみにペット同伴不可です。ご注意ください。)


入場すると、いきなり!

e0359411_17331266.jpg
やはり岡本太郎さんは天才です。

天才の仕事には説明がいらない、ということを思い知らされます。




入場口で、素敵なガイドさんに出合いました。

e0359411_17345150.jpg

ドングリガイドをして下さるドングリお父さんです。

この日もボランティアで20名ほどの方が、ドングリガイドをして下さっているとのこと。公園全体で、剪定や竹林の手入れなど200名くらいのボランティアが登録されているとのこと。

「良かったらどうですか」と、朝一ということもあり空いていたので、「じゃあお願いします」と30分のドングリツアーに参加させてもらいました。


e0359411_17382726.jpg
何気に今回のベストショットではないでしょうか。

公園の周りはぐるっと道路で排気ガスもいっぱいですから、外周をナラ、カシなどの常緑樹で囲んで、内部の生態系を守っているとのこと。だからドングリがいっぱい!

幼稚園児がたくさんドングリ拾いをしていました。

e0359411_17414836.jpg
e0359411_17421984.jpg


私一人に、3人のガイドさん。贅沢極まりない環境で、ゆっくりとドングリのお話を聞きました。面白い話も沢山教えてもらいました。(残念ながら今日は長くなりすぎるので触れれませんが)

ありがとうございました。




さていよいよ会場に到着です。


e0359411_17435511.jpg

ガレージセールの会場「お祭り広場」は、駅から徒歩15分くらいです。

地図もあちこちにあって迷うことはないと思いますが、目印があります。


そう、この人。


e0359411_17453755.jpg
滅多に見ることの無い、「太陽の塔」の背中。そこが会場です。

太陽の塔の背中を目指して歩いていけば、方向音痴さんも迷うことなく会場に着きます!


e0359411_17472400.jpg
広いですね。この広いスペースが、15日は様々なブースで一杯になります。

ちなみに我らが丹足普及協会のブースは、太陽の塔の右手(?)の下側になります。



角度を変えてもう一枚。


e0359411_17491546.jpg
背中がまた凛々しい!

「だまって俺の背中を見とけ!」

そう言っている声が聞こえませんか。(ええ、私は太陽の塔フェチ。)



ちなみに周辺情報を。

e0359411_17511042.jpg
こんな感じの売店がちらほらと園内にあります。トイレもあります。

お祭り広場から民族博物館(通称みんぱく)に向かう途中、カフェもあります。軽食も食べられます。

が、多分込むと思うので、皆さんはお弁当など持参される方が、ストレスは無いと思います。小さなシートなど持参されると、気持ちの良い木立の中でご飯を食べることもできます。


e0359411_17514542.jpg

ただ、15日は空模様が微妙です。

もしかしたら雨で中止になるかもしれません。協会HPおよび当ブログでなるべく早く情報を上げますので、天気が微妙なようでしたらチェックください。


なお途中で雨が降ってきた場合、我らが協会のブースも多少なりとも余裕がありますが、いい場所をおススメしておきます。

お祭り広場から歩いて2,3分の民俗博物館(みんぱく)です。


e0359411_17572417.jpg
こんな外観。大きな施設です。




e0359411_17575351.jpg

正面玄関。

入るとフリースペースになっていて、しばらくの雨宿りなら十分だと思います。

また地下には、穴場ですが、フリー休憩スペースがあるんです。100席。雨がきつくなったら使ってください。


e0359411_17585449.jpg

他にレストランもあります。

e0359411_18020620.jpg
e0359411_18022796.jpg
さすがみんぱく、というメニューです。

さらに入館料は別途要りますが、みんぱくの展示もまた見ごたえがあります。




e0359411_18054697.jpg



e0359411_18074930.jpg


e0359411_18081607.jpg


e0359411_18080467.jpg



このような感じで、雨の時は他の人たちはエキスポシティに移動すると思うんですが、せっかくなので民俗博物館を楽しまれてもいいのではないでしょうか。


以上、大阪万博地元住民による、「晴れでも雨でも楽しめる万博公園の遊び方」でした。

ご参考になりましたかな。





これから道場会長たーさんと、「雨の日の丹足対策」について打ち合わせしてきます!

でもやっぱり晴れて欲しい!



では太陽の塔の背中で、お会いしましょう!











三宅弘晃

080.gif今日の丹練
・四股300丹


[PR]
by wagoichi | 2017-10-12 18:10 | 行事