照千一隅への道のり

<   2017年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

その3.不便の神さま


「文武両道」と学生の頃、父からよく言われた。勉強もクラブ活動もしっかりやりなさいと。

中学校では陸上部に入った。幼稚園から続いていた朝マラソンはクラブ活動に引き継がれ、極めて自然な流れで幼稚園から高校まで陸上一筋で行くことになった。

幼稚園から走り始めたのなら名ランナーになっているはずだが、ピークは小学生の時で、最後は平凡な陸上部員になった。

勉強は小学校5年生から塾に通い始めた。塾では成績順にAからEクラスに分けられ、私はAクラスとBクラスを行ったり来たりした。こんなに激しく上下する塾生は他に居なかった。偏差値で遊んでいた。

中学校のテストはいつも学校全体で4番か5番くらい。学校の勉強は全然やらなかった。





高校受験をし、私立高校の特進クラスに特待生で入った。「なるべく偏差値が高くて、授業料のかからないところに入れ」という父のミッションはクリアしたと思う。

高校に入ってすぐの統一模試で志望大学を書く欄があった。「先生、高校に入ったばかりで大学のことなんてわかりません。」と言うと、「京大か阪大か神戸大のどれかを書いとけ」と言われてなんだか釈然とせず「京都芸術大学」と書いた。

高校に入っても変わらずクラブと勉強だけの毎日が続いた。ひとつの疑問が私の中で芽生えてきた。

「なんの為に勉強するんだろう。」

数学の先生にその疑問をぶつけてみた。先生はこう言った。

「そんなことは大学行ってから考えたらいいんや。大学では考える時間がいっぱいあるからな。だから今は余計なことを考えずに勉強して、いい大学に入れ。」

まるで予備校のような学校だった。





私はそれまで父や先生に与えられたミッションをクリアするのが人生だと考えていた。それで幸せな人生を送れると思っていた。

しかし先生にも先生の事情があった。創立3年目の新設校だったから学校も名前を売らないといけない。その為には生徒を有名大学に沢山入れないといけない。それが大人の事情だった。

悩みを深める私に先生たちは「考えるな。悩むな。勉強しろ。いい大学に入るのがお前の人生の為や。」とアドバイスする。しかしその背後に「何のためにお前を特待生でとったと思う?」という大人の本音も見え隠れして、逃げ場はなかった。






成績は急下降した。高2の夏の時点で、英語の偏差値は27まで落ちた。他の教科もズタズタになった。父のミッション「文武両道」は完全に粉砕された。

人生を恨んだ。塾の先生を恨んだ。父を恨んだ。高校の先生を恨んだ。大人を恨んだ。生きていくことを恨んだ。

「とにかく勉強しろ」という大人ばかりで、「人生をどう生きるか」という私の悩みに向き合ってくれる大人は一人も居なかった。人生を考えないで進むことは一歩もできないことを誰もわかってくれなかった。

もう学校をやめたい。でもやめられない。それなら死にたい。ひたすら大人社会を恨むしかなかった。





e0359411_07542038.jpg

そのころに時々参った神社である。

住んでいた住宅街から田畑を抜けた先の川の対岸にある。はるか上流にある橋を渡らないとこの神社には行き着けない。幸い私は陸上部で鍛えていたので、たまの休みの日に走っていった。家から往復でたっぷりと1時間はかかった。

一度途中で引き返したことがある。2メートルほどのヘビに道をふさがれた。ひやっと飛び上がって逃げた。

不便な場所でヘビがいたりするお陰か、参拝者など他に居なかった。



私はここが気に入った。自分一人しか参らないなら、この神様は俺が独占だ。この神様は俺だけを見てくれるはず。そんな不遜なことも思った。

ここで、ひとりで、ゆっくりと考える時間が必要だった。



e0359411_10525782.jpg


結局自分が悪かったんだと気づくまで、まるまる1年かかった。

父や塾の先生に自分の人生を委ねてしまったからいけなかったんだ。人任せにしたくせに結果に不満を言う自分がちっぽけでつまらない奴だ、ということを自覚するまで1年かかった。

これからは大事なことは自分で決めよう。どんな結果になっても「自分が決めたことだからしかたがない」と思えるほどによくよく考えて自分で決定をしよう。自分の人生の責任は自分で負おうのだ。

どんよりした雲間が晴れ、そう決意した。



「英語の教師になる。その為に俺は大阪外大に行く。」と「自分で」決めたのは高2の3学期だった。目の色を変えて勉強し、それから半年で英語の偏差値は逆さまになった。27から72へと。

先生も同級生もびっくりしていた。



e0359411_08330656.jpg
話は少し今に戻る。


つい先日、山の上で仙人のような暮らしをする人に、「便利は怖い」と聞かされた一言が深々と心に突き刺さった。まさに近頃ずっと考えていたことだったから。

自分自身も知らず知らず便利社会に吞み込まれている。昔はそうではなかったのに。。。。と昔を思い出した時に、この川向こうの不便な神社を思い出した。

「ああ、久しぶりに行ってみたいな。」と思った。弟子二人にも見せてやろうと思った。




e0359411_08184132.jpg


今回、神社の境内にある立札を初めて読んだ。

ここの神社は「開拓の神様」だと書いてあった。



ああ、道理で。

色々なことが腑に落ちた気がした。



30年経ってようやく私は自分の原点に立つことが出来たようだ。











つづく








三宅弘晃

080.gif今日の丹練
・力士四股100丹
・かちあげ四股200丹
・四股200丹


[PR]
by wagoichi | 2017-04-07 14:08 | 人生

その2.誰も通らない道


桜が咲き始めの山に入った。

「古里に行くが一緒に来るか」と訊いたら二人とも行くと言う。



e0359411_11465398.jpg

青春時代に辿った道を逆行する。

当時から人通りはまばらだったが、さらに寂れていた。道中他に誰にも出会わなかった。



途中に2回分かれ道がある。舗装道路か山道を選ばなくてはならない。せっかく来たのだから山道を行きたい。しかし山道の入り口にはこんな看板が。


<この先ハイキングコース通行止め。落石・土砂崩れ・斜面崩落等による事故が発生しても一切責任を負いません>




さあどうする。







我々は山道を選んだ。



e0359411_10532456.jpg




さすがに水は美しかった。



e0359411_10532567.jpg



倒木がふさぐ斜面を一生懸命ついてくる、大阪の街育ちの二人。



e0359411_10532723.jpg





誰も通らない道。

放置された倒木で道がふさがれていた。道が風化して無くなりかけていた。毎年の夏休みに父に連れられてアルプスを登っていた経験が無かったら、きっと迷っていただろう。

なんとかクリアした。




e0359411_15454457.jpg


二つ目の分岐点がやってきた。

「どうする」と訊くと「せっかくだから山道に行きましょう。」と言う。もとより「迷ったらGO!」が信条の私であるが、さすがにこの道の険しさに「ほんまかいな。大丈夫か。」と訊くと、「院長先生と一緒じゃないと行けないから。」と言う。

この言葉が妙に心に残る。




再び山道を進むことにした。

もはや道とは呼べない。


e0359411_13502289.jpg

完全に道をふさがれた。

斜面を登って迂回路があるかどうかを偵察。


e0359411_14530175.jpg


「あかん、引き返そう。」

今の我々に乗り越えられる道ではないと判断した。

まず挑んでみる。無理なら別の道をいく。





舗装道路もそれはそれで気持ち良い道だった。


e0359411_10531017.jpg


e0359411_10525542.jpg



e0359411_10532325.jpg

途中落石があってヒヤッとしたりしながらも、山の春の訪れを心ゆくまで楽しんだ。




e0359411_10530716.jpg


「一緒じゃないと行けませんから」と、いつも二人はせっかくの休みに私についてくる。

前にこの道を辿った青年時代の私には、ついてくる人間など一人も居なかった。今は家族と二人、それ以外にも沢山の人がついてくる。

いつからそうなったのだろう。この30年ほどで私はどう変わったのだろう。





長いようで短い道を踏み越えて、ようやく目的地。

原点に帰ってきた。







つづく。








三宅弘晃

080.gif今日の丹練
・重刀200丹
・かちあげ四股200丹
・四股100丹



[PR]
by wagoichi | 2017-04-06 16:11 | 人生

その1.屠殺場のウルトラコース

私の古里。

盆地の真ん中を川が流れ、周りに田畑と人家が広がる。30年ぶりに歩いた。


e0359411_10525925.jpg

写真の真ん中に映るのは屠殺場。(屠殺場を知らない人はこちらなど→「屠殺場レポート」 )


この辺は、幼稚園の時から小学校卒業まで、毎朝父親と一緒に走らされた思い出の場所だ。一緒に走ったと言いたいが、気分的には走らされたとしか言いようがない。

朝はいつも父親が「いくぞー」で目が覚める。すでに父親は5~10kmほどひとっ走りした後に、さらに私と一緒に走るのだ。AコースとかBコースとか3~10kmの幅で父が設定したいくつかのコースがあり、父がどのコースを走るかを毎朝決める。反論など一切許されない。「お腹が痛い」と訴えたら「走ったら治る!」。

雨や雪でも走りに出たが、さすがに台風や豪雨の日は休みになった。今気づいたが、私が雨好きなのはここから来ているのかもしれない。

ただ走るだけではなく、毎回タイムを計られた。ゴール地点はもちろん、途中の500m地点、1km地点、2km地点ごとにチェックポイントがあり(もちろんコース設定も計測地点も父が独自に設定したもの)、チェック地点ごとに父がストップウォッチを見て「昨日より2秒遅い!」とか叱責が来た。

ゴール地点で遅い場合には「罰走」。追加で300mほど走らされる。もちろんタイム計測付きであり、結果によってはさらなる「罰走」つきである。念のためもう一度言うが、幼稚園児の頃の話である。

それが私の朝だった。朝は大嫌いだった。恐怖でさえあった。





屠殺場の近くを通る「ウルトラコース」が一番の恐怖だった。「今日はウルトラコースにする」と言われた時は、滅多に逆えない父に対して出来うる限りの抵抗をした。結局は無駄な抵抗におわるのだが、それでもどうしても嫌だった。距離が長いのも嫌だったが、もっと違う理由があった。

なぜだかわからないが、当時その屠殺場の周りには数匹の野犬がいた。屠殺場が番犬がわりに放し飼いにしているのか、牛骨のおこぼれでも狙っている本当の野犬なのか、とにかく首輪のない野犬が数匹周りをウロウロして近づく人間に吠え掛かった。だから人も滅多に近づかない、そんな場所だった。

そこをわざわざ走り抜けるのが「ウルトラコース」だ。屠殺場の手前で石をいくつか拾って両手に握れるだけ握って、その野犬ゾーンに飛び込んでいく。

「いいか、犬が迫ってきたら石を投げるふりをしろ。そしたら犬が怖がって飛び掛かってこないから。」

「もしそれでも飛び掛かってきそうになったら?」

「その時は仕方がないから本当になげろ。」

「うん。」

「でも変に石をぶつけると本当に怒って襲ってくるかもしれないから、なるべく当てるな。」

今から考えても、どうしてマラソンの練習にそういうコースがわざわざ組み込まれているのかがわからない。最近は野犬はほとんど見なくなったが昔はたまにいた。大人でも野犬の群れは怖いだろうが、目線の低い子供にとってはなおさらで、サファリパークの肉食獣エリアに身一つで足を踏み入れるようなもので、正直生きた心地がしなかった。

それが屠殺場近くのウルトラコースであった。




父とのマラソンは思い出が沢山ある。

地区のちびっこマラソンではいつもメダルや賞状をもらった。でも、どうしても勝てない大倉君と言う少年がいて、いつも彼が1番で私が2番だった。父はいつも悔しそうだった。

小学5年生の時に左足を骨折した。友達とケンカをして足が絡み合ったまま二人同時に倒れた時に、てこの原理で私のすねの骨が折れてしまった。ギブスに固められて痛い痛いと泣きながら帰宅したら父がいて、「情けない。やりかえしてこい!」と叱られて痛みが吹っとんだ。でもギブスが外れるまではさすがに朝のマラソンも免除されて、とても幸せな日々だった。



幼稚園の年長組の時に、年齢を偽って(正確に言うと父に偽らさせられて)小学生の部のマラソン大会に出たことがある。

走っていると沿道の応援の子供達に散々笑われたことを、今でもはっきりと覚えている。指をさして笑う子供もいた。なぜそんなに自分が笑われているのかが最初は分からなかったが、途中で分かった。

「男子なのにブルマで走ってる!」

そう、私の通っていた幼稚園は男女とも体操着がブルマだったのだ。小学生になると男子は半ズボンの体操着。だからブルマの「小学生」男の子がすごく異様だったのだ。事実を知ってからは顔を真っ赤にしてゴールまで駆け抜けた。




思い出語りのようだが、父はまだ生きてくれている。いまだに毎朝ジョギングをしている。

周りの人達にはいろいろ言われることもあった父の教育だが、あの屠殺場のウルトラコースがなかったら今の自分はなかっただろうと、それははっきりと自覚できるようになった。いまようやくであるが。


近頃いろいろな出来事があり、ふと自分の原点に返ってみようと思って古里に帰ってみた。

まさか屠殺場のウルトラコースに行き着くとは思わなかった。






つづく

(かな?)

















三宅弘晃

080.gif今日の丹練
・かちあげ四股300丹


[PR]
by wagoichi | 2017-04-05 15:36 | 教育

混然一体な稽古


4月と5月の千照館丹足稽古、全10回を無料開放しようという我ながら大盤振る舞いなイベントが今日から始まった。

体験者の方は何回来ても無料である。ついでに門人も自分の所属と違う稽古に参加しても良い、何度でも無料である。今日はエイプリルフールではないから本当の話である。

そんなイベントの第1回目が行われた。私は参加していないが、かなりの盛況であったようだ。




しかし、世の中タダほど怖いものは無い。

単にタダではない。我々にとってもこのイベントには大いなる悪だくみがあるのである。



e0359411_15050930.jpg


丹足法(たんそくほう)とは整体法の一種である。

丹足法の原型は、足圧法(そくあつほう)という踏みほぐしである。私はそれを桜井寛先生から学び、16年続ける中で徐々に似て非なるものへと進化させた。別のものであるから別の名前が必要であろうということで「丹足法」と名付けた。つまり私は丹足法の創始者である。




丹足法は海のようなものである。

深さは果てしないが、間口は広い。意外に誰でもそこそこ踏めるのである。実際に今日の体験会でも、初心者の皆さんがかなり上手になったそうである。



千照館はこの丹足法を学べる唯一の場であるが、立ち上げ当初は私が陣頭に立って指導していた。全稽古を私が担当していたのである。

一昨年より、この指導役を弟子である参尽と紙鳶にバトンタッチしてきた。1年前からは私は稽古場に出ることは控えるようになった。無楽稽古をのぞいては。

その流れからの今である。




門人にアンケートを取ってみた。

その中で、「師範(つまり私)の直接稽古に興味があるか?」という設問に対する回答集計は、「ある」と「少しある」が半分ずつで、「ない」は一人だけ。ほとんど皆が私の指導に関心をよせているらしい。



しかし、私は今のところ稽古場に戻るつもりはない。


e0359411_15142497.jpg

今回の体験会から、指導員は一人体制でいくことにした。これまでは参尽と紙鳶の2人体制であった。意図して指導サイドの厚みを減らしていっている。

指導員たちには、「これからは、これまでのように君らが懇切丁寧に教えるのは極力控えるように」と伝えてある。君らは見守り指導員である、と言ってある。




丹足法には基本の型がある。ハラの使い方も大事なポイントである。そこに最低限の指導は当然必要になる。しかし丹足にこれから挑む人たちに知っておいてほしいのは、丹足における正解がどこにあるか、ということだ。

これまでの千照館の指導は懇切丁寧すぎて(これは昨今の学びの風潮かも知れないが)、先生=生徒という対の関係が強すぎて、生徒と生徒の繋がりが弱くなっている。

皆さんによくよく知っておいてほしいのだが、丹足における正解を指導者はもってはいない。あなたとあなたが今踏んでいる相手の中にあるのである。踏み手と踏まれ手の二人の中に正解があり、それをともに探していくのが丹足法の醍醐味なのである。これをより一層しっかりと意識して丹足をしてほしい。

「先生、これでいいですかね。」と質問する前に、相手にまず「どうですか」「強いですか。弱いですか。」と聞いてほしい。「もうちょっとゆっくりと踏んでください」とリクエストをするのである。繰り返し繰り返し言葉を交わしてほしい。それが丹足なのである。

もちろん型が間違う場合もあるだろう。ハラを忘れて踏んでしまうこともあるだろう。そういう時もなるべく二人で「ちょっとおかしい気がするんですけど・・・」「そういえば・・・・」と声をかけあって欲しい。わからない二人がわからないなりに混然一体となって正解を探求して欲しい。それが丹足の稽古なのである。

指導員はそれらの試行錯誤をなるべく見守りたい。「違うよ」「こうだよ」と言いたいところをぐっとこらえて、試行錯誤を大事に見守りたい。体を痛めそうな踏み方をしていたりよほどの間違いであったりした場合を除いて、極力指導員は貝になる。愛情ある貝になる。そういう方向性に一歩進もうというのが、これからの千照館なのだ。




e0359411_15490655.jpg

これはかつての私の指導風景である。

こんな人間がいたら、踏んでいる相手とのコミュニケーションなど取りにくくてしかたがない。存在感が強すぎて、皆が私に正解を求めてしまう。





今回の体験会は、体験者と門人の混然一体となった探求の始まりとしたいというのが、我々の狙いである。

初心者を上手に導く力量を持った門人が、ちらほらと育ってきている今だからこそ始めようと思ったのである。

千照館は着実に道場として前進をしている。まだまだ紆余曲折があるだろうが、何事も挑戦というのはそういうものだろう。





e0359411_12481293.jpg


大事なことだから最後にもう一度記しておきたい。

丹足の正解は、踏み手と踏まれ手の中にある。

丹足に絶対の正解などない。おぼろげな正解を求めて、踏み手と踏まれ手が言葉を交わし心を通わせ、混然一体となって進んでいく。そういう稽古を千照館では模索してきたい。









三宅弘晃

080.gif今日の丹練
・四股200丹
・力士四股200丹
・かちあげ四股100丹


[PR]
by wagoichi | 2017-04-02 17:00 | 丹練



「原点が導くこれから」という感じでしばらく探り書きです。

by 三宅弘晃
以前の記事
最新の記事
その7.はじめの一歩
at 2017-04-22 14:03
道を拓く
at 2017-04-19 11:33
その6.生き甲斐の花びら
at 2017-04-18 15:12
その5.3Kの目
at 2017-04-17 18:26
ONE?TWO?
at 2017-04-14 17:26
その4.自分の人生をはじめる
at 2017-04-12 17:15
新しい丹足の資格について
at 2017-04-11 16:33
「直伝!丹足集中セミナー」を..
at 2017-04-10 17:50
歴史的邂逅
at 2017-04-09 20:36
ラスト無楽稽古
at 2017-04-08 12:32
その3.不便の神さま
at 2017-04-07 14:08
その2.誰も通らない道
at 2017-04-06 16:11
その1.屠殺場のウルトラコース
at 2017-04-05 15:36
混然一体な稽古
at 2017-04-02 17:00
癌の3要件 その2 癌と循環
at 2017-03-25 20:54
センスクイズ(中級編)の答え..
at 2017-03-22 17:16
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
ブログパーツ
ブログジャンル