照千一隅への道のり

<   2016年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

来たよ❗くまモン❗(後編)


くま先生とお別れして、たっぷりお話ししておなかも空いたと言うことで、昼御飯。

ナビゲーター権藤君のチョイスで訪れたのはこちら。

e0359411_16573158.jpg

熊本名物馬肉料理 萱乃屋

いやいやいや、あかんやろ。

あんな可愛いでんちゃん(くま先生の愛馬)見たあとで。

e0359411_13060939.jpg

馬肉なんて、





e0359411_17025270.jpg

なんて…

e0359411_17034911.jpg

美味しいわ、こんちくしょー。



e0359411_17052219.jpg

悪いやっちゃ権藤君。

e0359411_17062272.jpg

もりもりと。

e0359411_17065278.jpg


おかわりと。

俺ら実は肉食男子やねん。(普段猫かぶってるけどな)

e0359411_17074677.jpg

締めに天然酵母パンまで!

ここはちょい女子的に。
さすがに満腹!


再び熊本城に向かい、石垣を立て直しに。

e0359411_21012548.jpg

権藤君、ちゃうちゃう。くまモンは…



e0359411_21015557.jpg
こうや。ちゃうか?

(くまモン何気に難易度高し)



e0359411_21031130.jpg

10万円寄付したので、熊本市長より感謝状を頂けるそうです。(授与式には我々の代表として権藤君参列ヨロシク)


e0359411_21080416.jpg

朝に話を聞いたボランティアガイドさん。神戸の震災ボランティアもされていたとか。

おっしゃるには、熊本城復興には20年かかると。腰を据えての取り組みになると。

見事に城が蘇った暁には、「ここに私の志も組み込まれてるのよ」と石垣を見においで下さいな。この先何百年と城を守って欲しいなあ。



熊本城の前に訪れた益城。
仮設の町役所。

e0359411_21155681.jpg

そこかしこに見える現状。

e0359411_21162655.jpg

分かったようなことは言えない。

e0359411_21165776.jpg

義援金を託してきた。

e0359411_21172800.jpg

写真を撮るのも憚られる気がして、遠景で一枚。
寄り添いきれない俺でごめん、としか言いようがない。




ともあれ、皆から預かった義援金、448,090円は余すところなく託してきた。

ほっとしたのである。こんなに沢山の人の気持ちを七ヶ月も預かったままの重圧が、ぼわっと昇華した心持ちである。



ホッとしてまあ飲もうぜと、その前にスッキリしようぜと銭湯に。

場所柄写真はないが、被災して断水したときに権藤君が通った思い出深い銭湯だそう。大変だっただろうが、命あればこそ懐かしく思い起こせる。



で、一日おつかれさんの打ち上げ。

いきなりステーキならぬ、いきなり熊本城四股!からの勝手気ままな師範に、にこにこと楽しんで!?一日運転手&カメラマンをしてくれた権藤君へのささやかなねぎらいである。


e0359411_21444305.jpg
熊本の銘酒「香露」。しかもレアな大吟醸。
(日本酒ファンにはたまらん話。)

とサヨリのお造り。

e0359411_21451141.jpg
熊本の米焼酎「水鏡無私」。名前で選んだが、思わずのけぞる旨さ。

と、再び馬刺し。

e0359411_20581280.jpg

南九州の鶏肉塩焼。

「食べて貢献ですね」

と権藤君が口するまで、そんなことは考えていなかったことに気が付いた。ただ夢中で食べていた己。





で、バス乗り場へ。

ライトアップ熊本駅。


を無言でスルーする男二人。


e0359411_21454192.jpg

また夜行バスで大阪に。

あーきつ(笑)




でも帰りは枕高く眠れそうである。

我が企画に参集してくれた人たちのお陰である。











弘晃

055.gif: wagoichi◆excite.co.jp (◆を@に)
HP: わごいち(←クリック)

066.gif今日の丹錬
・清正四股300回



[PR]
by wagoichi | 2016-11-08 16:54 | 行事

来たよ❗くまモン❗(前編)

熊本入り❗
あんまし眠れんかった。興奮してるのかな。

インターで朝のコーヒー。

コーヒー飲めばたーさん(←クリック)の顔が浮かぶ。紙鳶よくまとめてた。

e0359411_07472438.jpg

くまモン三兄弟のお出迎え。
朝早くからおつかれさん。

e0359411_07475142.jpg

インターでまず義援金。(ここはポケットマネーで)

e0359411_07481562.jpg


熊本駅に8:45到着。

e0359411_09530242.jpg

愛車と共に出迎えてくれたのは、熊本在住、千照館門人の権藤君。

e0359411_10254367.jpg

1日お付き合いお願いします。


まず向かうは、

e0359411_09554596.jpg

何をおいても

e0359411_09561121.jpg

熊本城。

e0359411_09570748.jpg

傷痕がまだまだまだまた残る。


さて、では清正公の御前で日課の、

e0359411_10021836.jpg

四股踏み。

もちろん権藤君も一緒に、

e0359411_10033465.jpg

300回。

目も覚めたところで、くま先生の元にいざ❗


到着。

e0359411_13060939.jpg

e0359411_13094812.jpg

e0359411_13064620.jpg

e0359411_13070882.jpg

e0359411_13085057.jpg


e0359411_13090686.jpg


e0359411_13082388.jpg




たっぷり二時間、お話してきました。

e0359411_13123998.jpg

権藤君もサイン本をいただき、

e0359411_13092980.jpg

義援金も無事にお届け。
「末長く皆を導いてください。」とお願いしてきました。


只今13:20
益城に移動中


(後編に続く)

[PR]
by wagoichi | 2016-11-08 07:48 | 行事

義援金もっていくぞ


今夜大阪を立つ。行き先は熊本である。夜行バスで往復する年甲斐もない強行軍である。


義援金。

わごいちのお客、千照館の門人、講演会の聴衆、ブログやFBの読者の方、様々な人が、あえて赤十字のような大手ではなく、我々のような「ささやかでも顔の見える支援を」という呼びかけに応じて、義援金を託してくれた。

集まりも集まったり、計 448,090円もの義援金を預かった。気持ちのこもった手紙もついている。すごく精一杯のお金を預けてくれた人も居る。熊先生の本を何冊も買っていってくれた人も居る。重たい義援金になった。

みんな本当に幸せだなあ。




ケニアのスラム街でストリートチルドレンを支援している早川千晶さんという素晴らしく魅力的な女性がいる。

早川さんによると、ケニアで親を亡くしたり捨てられた子どもがスラム街にやってくる。彼ら彼女らは屑拾いなどをして、わずかばかりの日銭を稼ぐ。その稼いだ金で食べ物を買うのかと言えばさにあらず、シンナーを買って吸うらしい。

なぜ食べ物じゃなくシンナー?

実はそのわずかな日銭では、彼らの胃袋を満足させるだけの食べ物を買うことが出来ない。そこで、そんな中途半端な食べ物を買って食べるよりも、シンナーを吸って脳を麻痺させる方がましなのだと。もちろんそんな日々では彼らの若い命はたちまちにボロボロになっていく。

平和な日本でのほほんと生きて来た自分を思い知った。


そんなストリートチルドレンを引き取り、スラム街の中に学校を立てて教育支援をしている早川さんと出会い、その話を聞き、じっとしていられない気がした。自分も何かしたいと思った。

妻と相談し、学校の活動資金集めの日本ツアーをしている早川さんに連絡し、大阪と兵庫で1回ずつイベントを主催した。10年ちょっと前のことである。会場を押さえ、数十人ほど人を集め、皆で早川さんのお話を聞き、ケニアの音楽を楽しみ、参加費とグッズの購入で参加者がそれぞれ思い思いにエールを送った。

皆が初めて聞く話にじっと耳を傾け、時に目頭を押さえ、太鼓のリズムに酔い、声を出して歌った。ケニアのスラムと日本の我々が早川さんを通して繋がったような気がした。

そんなイベントを企画して、何とも言えない自負を感じた。

ありがたいな、と思った。早川さんに感謝せずにはいられなかった。




支援とは誰のための物か。

支援を受ける人のことはいちいち言うまい。少しでも元気になれば嬉しいのは当然のこと。

でもここでは支援する側の幸せについて語りたい。皆で語り合いたい。



ああ、俺は生きているぞと。ちゃんとこの社会で、人と人の関わりの中で生きているぞと。ささやかでも行動に移せたと。少しだけ自分を認めてもよいかなと。

自信とはこういうことの積み重ねではないだろうか。



腕に重たい義援金を抱え、想いをよせてくれた人の顔を思い浮かべながら、夜行バスの夢のなかで皆さんと語り合おう。

俺たちはなんと幸せ者だろうよ、と。











弘晃

055.gif: wagoichi◆excite.co.jp (◆を@に)
HP: わごいち(←クリック)

066.gif今日の丹錬
・四股300回

066.gif昨日の丹錬
・木刀200回
・四股100回


[PR]
by wagoichi | 2016-11-07 20:21 | 人生

子供顔・大人顔


出勤時の子供との会話がおもしろい。


昨日、前を歩くサラリーマンの後姿を見ながら、「私、パパみたいな仕事がいいねん。」と言う。

「なんで?」と聞くと

「会社でずっと座って働いたり、怒られたりするの嫌やねん。」と応える。

「じゃあ、パパの仕事はどう思う?」と重ねて聞く。

「なんかなぁ、まろやかでしんせん~って感じがするねん。だからパパの仕事のほうがいいねん。」

そんな小学2年生の娘の将来の夢は、他に歌の先生・ピアノの先生・ペットショップ店員・パンダの飼育員と続く。



ちなみに今朝はこう。

「パパ、仕事楽しい?」

うん、楽しいで。すごく楽しいで。と応えると、

「でもパパ、仕事頑張りすぎたら熱でるからな。気をつけてな。」



キラキラと澄んだまっすぐな子供の目に、その感性に時にびっくりさせられる。思わぬところで大人は子供に見られている。

その反面、大人は子供を侮るところがある。「どうせ子供だから」と大人は高をくくるが、実際子供はそんな大人を冷静に観察している。そして大人が思うよりも的確に、大人が思い至らないような真実をも見つけ出すことがある。

子供の眼はきれいだ。きらきらして本当に色々なものが見える。



娘と別れると電車に乗る。いわゆる通勤電車である。

世界が一変する。居並ぶ目目目目が死んでいる。小さな目を世界いっぱいに広げている子供を見た後で、互いに焦点を合わさないようにしながら狭い空間でひしめき合う大人たちに出会う。

綺麗に化粧をしているが、肝心の表情が死んでいる。パリッとしたスーツを身にまとっているが、しぐさに品がない。若者は寝ぼけ眼でコンビニ袋からパンを出してかじっている。そんな狭い車内にはどこにも微笑みがない。感情と個性を押し殺した空気が充満している。


ああ、いつから人間はこうなるのだろう。

あの小学校低学年のあふれ出る好奇心とはじけるような笑顔は、いつこの殺伐とした顔になってしまうのだろう。どういうタイミングで、どういうきっかけで、どういうメカニズムで、人間はこうもつまらない顔になっていくのだろうか。



子供の目のままに大人になることが不可能であるのは知っている。

でもだからと言って、大人の顔はつまらない顔で仕方がない、と開き直るのもまっぴらごめんである。

子供とは違っていても、大人なりに大人だからこそのキラキラした目をして生きていくことに何の問題があるだろうか。



あきらめないでいこう。

あきらめては、そんな大人の後を追う子供があまりにも可哀そうであるから。









弘晃

055.gif: wagoichi◆excite.co.jp (◆を@に)
HP: わごいち(←クリック)

066.gif今日の丹錬
・四股200回
・重刀200回


[PR]
by wagoichi | 2016-11-05 21:48 | 教育

運命を変える



わごいちには日本津々浦々から人がやってくる。

今日新しくやってきた二人は、高知県と東京都から。


幸い二人とも命にかかわるような悩みではなかったけれど、高知から来た女性は、「こういうことを解決してくれるのは他にはないから」といってしばらく通うことになった。

よくもまあ溢れかえる情報のなかからわごいちを見つけ、はるばる通おうと決意をしてきたものだと感心する。




ところで、人はよく「これは私の運命だから仕方がない」という言い方をする。

実はそれは大間違いである。



命には運命と宿命がある。

宿命はもともとの定めのようなものだから変えようがない。しかし運命は自分で命を運ぶこと。だから自分で変えていくことができる。



例えば、自分を産んでくれる親は選べない。これは宿命。

しかし、産れ落ちた家庭でどのように人生を切り開いていくかは、成長と共に自分で選べるようになってくる。これを運命という。

重ねて言うが、運命は自分で変えていくことができるのだ。





仕事柄、たくさんの病人と出会うが、「これが自分の運命だから仕方ない。」「私はなんて不運なんだろう。」と嘆いているい人は、運命と宿命を混同している。

そういう人は、せっかく目の前にある助けに気が付かなかったり、疑ったりして取りこぼす。s




それに対し、「自分の運命は自分で変えられるはず。」と感覚的経験的に知っている人は、「今、自分は何をすべきか。何ができるか。」を考え、行動に移すことに躊躇しない。

だからネットで見つけた大阪の整体院に高知からやってきたりする。そして自分の運命を変えていく。

「さすが、坂本龍馬の国からきた人じゃき」(高知弁風?)と変な感心をしてしまった。





「俺はなんてついてないんだ」なんて思ったら負け。

「この苦しみは自分がどう命を運ぶか試されているんだ」と思って、しぶとく解決策を探すのが一番じゃき。









弘晃

055.gif: wagoichi◆excite.co.jp (◆を@に)
HP: わごいち(←クリック)

066.gif今日の丹錬
・木刀200回
・四股200回


[PR]
by wagoichi | 2016-11-04 21:34 | 生きる

職人~汚れ仕事~


父親はサラリーマンだった。


「国立大学に入り、一流企業に就職させる。それが親の仕事だ。」という父親の教育方針を尊重し、その通りの人生を送ってきた。



28歳でサラリーマンをやめた。


在職中も心のどこかでずっと転職を考えていた。寿司職人、そば職人、花火職人、和太鼓奏者、大工から果ては神主まで、いろいろな仕事を検討したが、やはり「職人の世界」に強く惹かれるものがあったようだ。



なぜ「職人」だったのだろう?


この世界に入ってみて思うが、「職人の世界」ははたから見るほどカッコいいばかりではない。修業は地道だし、孤独でもある。一流と認められればそれなりに尊重されるが、そこに辿り着くまでが長い。。。。!!

そもそも美容師でも、整体師でも、靴磨き職人でも、医師でも、職人仕事はある種の汚れ仕事である。お金をもらって傷んだり汚れた人様の体や道具を磨いたり直したりする。パーマ液で手にあかぎれを作りながら髪を整える。手に生魚の匂いをこびりつかせながらうまい寿司を提供する。木くずにまみれて立派な家を建てる。

パッと見た感じではカッコいいと思うかもしれないが、実際は一種の汚れ仕事。そういう見方をしておいたほうが、実際に職人になった時にびっくりしないで済むかもしれない。




整体師になって間もない頃、サラリーマン時代の先輩に「お前これからOLのねーちゃんの体、触りまくりやんけ。えーなあ。」と言われたことがある、懐かしい思い出。

言っておくけど、整体のお客さんはOLのねーちゃんばかりではない。おじいちゃんもおばあちゃんもおっちゃんもいる。

OLのねーちゃんが綺麗な体ばかりというわけではない。太ももはヒール歩きでむくんで、おなかは昨夜の焼肉でガスが溜まって、肌は連日の残業と睡眠不足でガサガサかもしれない。

大きな声では言えないが、触らないでいいなら触らすにいたいこともある。でもこれが自分の選んだ仕事。職人の仕事。




しかし職人仕事は、決して単なる汚れ仕事じゃない。

誠心誠意必死で5年、10年と修業を続けていると、汚れ仕事が綺麗な仕事に”変化する瞬間”が増えてくる。疲れてくたびれてやってきた体をピカッと光らせる仕事がだんだんとできるようになってくる。

おなかのガスが消え、太もものむくみ流れ、肌が滑らかになる。自分の手の中で相手の体が刻々と変化していく”手ごたえ”がある。

「ああ、この人はこういう美しい人だったんだ。。。」

と改めて相手の姿をまじまじと見つめなおす。その人の本来の美しさに見とれてしまう。

そして同時に、この美しさを引き出した自分の仕事に少々誇らしさを感じる瞬間でもある。

これが職人仕事の醍醐味じゃないかと思う。それまでの汚れ仕事も、長く厳しい修行もすべてが報われる瞬間である。歯を食いしばり諦めず歩き続けたからこそ味わうことのできる山頂の感動に近いが、年単位の修業ならその喜びは登山の比ではない。



この感動を味わったものは、もう職人が辞められなくなる。「どこまでいけるか。自分の限界を求めたい。」と。

仕事として認められ、お金も頂きながら、誰にも邪魔されず自分の可能性に挑戦することができる。年をとり体力が衰えても仕事を高めることができる。




一度はまったら、酒と職人はやめられない。











弘晃

055.gif: wagoichi◆excite.co.jp (◆を@に)
HP: わごいち(←クリック)

066.gif今日の丹錬
・四股300回








[PR]
by wagoichi | 2016-11-03 15:03 | 職人

生命力のコブ


昔、海辺の人に教えてもらった話。


骨にコブのある魚はアタリ。

その魚は流れのはやい海域で育った魚。流れが急すぎて骨が折れ、その部分が治った時にコブができる。つまり流れに耐えて育った、身が締まったいい魚ということ。



昨夜食べた鯛の骨に二つの大きなコブがあった。「アタリや!」


妻が言う。

「かわいそうに。骨が折れたまま泳いで、痛かったやろうに。」

思わずツッコミ。

「いや、こうやって食べられるために殺される方がよっぽど痛いで。」

ふふふと二人、顔を見合わす。




その見事なコブはこちら。



e0359411_19582719.jpg

「もう二度と折れてなるものか!」

そんな声が聞こえないか。



折れて、泣かず、より太く。

俺ももう2,3本、いっとこうか。












弘晃


◆今日の丹錬◆
・小刀200回
・無呼吸200回
・よさこいスクワット100回
・肩車四股100回

(いまだ鯛のコブには至らず)


[PR]
by wagoichi | 2016-11-02 20:17

うたかた


人生はうたかたである。



太陽から見れば、地球上の生命の営みは、まるで水面のあぶくのように映る。

人の生き死にも、抱擁や争いも、涙も笑いも、全てが無数のうたかたとなって生まれ消えつつ、この地表を彩る。

我々人間の目から見れば、昆虫や農作物の盛衰もまたうたかたである。生まれ、伸び、遺し、枯れ、死ぬの繰り返し。

我々の体内もまたうたかたである。無数の、星の数ほどよりもっと多くの小さな生物が、われわれの体内で生まれ、増え、死んでいく。

我々の内も外も、そして我々自身こそがうたかたである。



あらゆる生命は生死を免れることはできない。

我々はうたかたの定めの外にでることが許されていない。

必ず死ぬ。







さてどう生きたものか。






















弘晃









[PR]
by wagoichi | 2016-11-01 13:47



「原点が導くこれから」という感じでしばらく探り書きです。

by 三宅弘晃
以前の記事
最新の記事
その7.はじめの一歩
at 2017-04-22 14:03
道を拓く
at 2017-04-19 11:33
その6.生き甲斐の花びら
at 2017-04-18 15:12
その5.3Kの目
at 2017-04-17 18:26
ONE?TWO?
at 2017-04-14 17:26
その4.自分の人生をはじめる
at 2017-04-12 17:15
新しい丹足の資格について
at 2017-04-11 16:33
「直伝!丹足集中セミナー」を..
at 2017-04-10 17:50
歴史的邂逅
at 2017-04-09 20:36
ラスト無楽稽古
at 2017-04-08 12:32
その3.不便の神さま
at 2017-04-07 14:08
その2.誰も通らない道
at 2017-04-06 16:11
その1.屠殺場のウルトラコース
at 2017-04-05 15:36
混然一体な稽古
at 2017-04-02 17:00
癌の3要件 その2 癌と循環
at 2017-03-25 20:54
センスクイズ(中級編)の答え..
at 2017-03-22 17:16
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
ブログパーツ
ブログジャンル