照千一隅への道のり

カテゴリ:ガン( 4 )

癌の3要件 その2 癌と循環


なぜ人は癌になるのか。癌細胞の増殖を許してしまうのか。どうして医学が進歩しても癌は減らないのか。

今までの所(平成29年3月時点)、癌予防100%を継続しているわごいちの取り組みを通して、皆さんと共に癌について今一度考えてみようという連載の今日は第2回目。

「癌と循環」ということで書いてみようと思う。

第1回目で「肚」という字について考えてみた。体にとってハラは土であるということ。植物にとって土が健康の決め手になるように、我々人間の体にとっては肚こそが健康の決め手になる。

しかし肚を真剣に研究している人がどれだけいるだろうか。腸内細菌の研究をしている人は居る。ピロリ菌と胃癌の関連を研究している人は居る。けれども、胃も腸も、腎臓も肝臓も、子宮も卵巣も、あるいは前立腺も、膵臓も脾臓も、全てをひっくるめて肚を包括的に考えている人がどれだけいるだろうか。肚全体から栄養を考えている人がどれだけいるだろうか。

我々が持つ癌に対処できる最大にして唯一の手段は、免疫力である。それ以外にはない。文字通り癌に対抗する「抗癌剤」がどうして癌治療の決定打にならないかと言えば、抗癌剤自体が癌だけではなく、我々の免疫力を損なうからである。免疫力を損なわずに癌細胞だけに効く抗癌剤があれば理論上は癌は克服できるはずだが、それが出来ないから抗癌剤は今だに抗がんの決定打に成り得ていない。

「免疫力が大切」

言うのは簡単だが、この免疫力を充分に生かし切るのは難しい。(だから癌やらいろいろな病気に我々は負けてしまう)誰しもが持っている免疫力を過不足なく発揮して生きていくのは、誰にでもできるとは限らない。私はそこに挑み続けている。

私は何をしてきたか。どうやって癌や様々な病気を防いできたか。

一つはハラの活性化である。免疫力の大部分は腸に由来する、ということがだんだんと知られてきた。余談だが、私は15年前からハラが大事だと言い続けてきたが、当時は誰も見向きもしなかった。最近になってようやく医者たちが「免疫力の70%は腸に由来するのですよ。」などとテレビで言ってくれるようになって、ようやく腸が日の目を浴びるようになってきた。

私の施術ではじっくりしっかりとハラを揉む。ちなみに揉むのは腸だけではない。腸も揉むが、胃も肝臓も膵臓も腎臓も子宮も、異常のあるところはすべて揉む。「免疫力は腸」と聞かされると人は腸ばかり気にするが、腸は腸だけで単独で働いているわけではない。他の臓器と連動して協力して働いている。だから腸だけではなくて、連動する臓器と一緒に異常を修復していくのが私のハラ揉みである。

ハラを丹念に揉む。

現代人は砂糖や油や添加物まみれの食べ物を毎日ハラに放り込む。唐揚げやスナック菓子やチョコレートがどんどんとハラに入ってくる。胃は油が苦手である。腸は糖が苦手である。肝臓は添加物や薬が苦手である。苦手なものが毎日ハラに入ってくる。ハラには拷問のような日々である。

拷問を受けて苦しんで、炎症を起こしているハラを揉む。潰瘍でただれたハラを揉む。癌になりそうなハラを揉む。ハラを揉んで慰めて、癒して休ませる。そうしてハラを元気にする。ハラが元気になればまた免疫力が働いて、ピロリ菌もやっつけてくれるし、癌細胞もやっつけてくれる。そうして免疫力を高めて癌や様々な病気を未然に防ぐ体を作っていく。

これが私があみ出した癌予防の秘密である。病院では実現できない癌予防100%を実現してきたカラクリである。しかし実は、まだ他にもカラクリがあるのである。今日はそれを明かすことにした。

私が癌予防を実現してきた二つ目の要因、それは循環である。

私のところに通う人たちは、わごいちがハラ揉みだけでないことを知っているはずである。ハラを中心とした全身手技施術だけでないことを知っているはずである。そう、わごいちでは弟子たちによる丹足施術を必ず受けてもらう。

なるべく単純に言えば、わごいちでは手でハラを揉み、足で全身を揉む。もちろん膝痛とか首のコリなど踏みにくい部位は手を使うなど臨機応変に対応するが、敢えてざっくりいえば、手でハラを受け持ち、足で全身を受け持つ。


これは何をしているかと言えば、(これも甚だざっくりしすぎる説明だが)ハラを揉んで免疫力を回復させ、足で全身を踏んでその免疫力を全身に行き届かせているのである。

医学が証明してくれている通り、免疫力の大部分はハラで培われる。肚という体の土で免疫力を養う。しかし、いくらハラに免疫力を蓄積しても、その免疫力を全身に届けなければ意味がない。胸に癌細胞が巣くっているのならば、そこに免疫力をじゃんじゃんと届けなければ癌細胞はどんどんと増殖してしまう。どんどん癌が大きくなってしまう。

いくらハラで免疫力を高めても、それを全身に循環させなければ意味がないのだ。

私は世の動きをもどかしいと思うことがある。15年前からハラが大事だと言ってきて、ようやく最近「腸が大事」という認識が広がってきた。だから腸を元気にしようと、腸が大事だとサプリなんかを飲む人も増えてきた。

けっして今の栄養学やサプリメントで腸がどんどん良くなる訳ではないのも悩ましいが、それを差し引いて腸を大事にしようという機運は評価できるにしても、

「じゃあその免疫力をどう体の隅々に運ぶのよ。患部にしっかりと届けるのよ。」

という考察についてはまだまだ世間の認識は甘いと感じる。いやそもそも、免疫力には循環力が必要だという感性さえ欠落しているように思えてならない。

何も病院医学だけを非難しているわけではない。民間療法も同じである。「肩が凝ったから肩を揉んでほしい」と言われて、肩だけを15分揉んで先生顔な民間療法者も同罪である。

こと循環に関する限り体全体をみない事には、体全体にアプローチしない事には、体全部を揉まない事には本当の循環というものは得られない、と私は確信する。

わごいちでの施術は1時間以上である。どうしてそんなにかかるのかと言えば、ハラをしっかり揉むことに加えて全身を揉むからである。ハラの免疫力を高めながら全身の循環力を高めていくには、どうしてもそれぐらいの時間がかかる。

ところで体をほぐすとき、どうにもほぐし難くて大変なところが3つある。どこかお解りになるだろうか。

アタマとムネとハラである。

アタマは頭蓋骨で囲われていて、容易に内部に踏み込ませない。当たり前である。脳みそが他人に簡単に触られるようでは生きていくのが大変である。ムネは肋骨に囲われている。これも当然で、柔らかい肺や大事な心臓をしっかりと守らなくてはならない。そしてハラ。ハラは骨盤で守られている。

アタマ。ムネ。ハラ。どれも動物の急所というべきところである。急所は守りが硬い。だからこそほぐし難いのである。しかしここで考えてみたいのは、守りが硬いということは良いことばかりなのかということだ。

守りが硬い。外のものを寄せ付けない。触らせない。目に触れさせない。感じ取らせない。外部からの干渉を遮断する。アタマ、ムネ、ハラはそういう特性を持っている。

ということは、である。外部からの干渉を遮断するということは、いざその内部に問題が起こった時に、外部の助けが滞りなく入ってくるのか、という心配を持つべきであろう。例えば肋骨の中に異常が発生した時に、体の治癒力が円滑に働くだろうか。

癌と言えばどんな癌があるか。

癌の主な罹患部位と言えば、肺・胃・大腸がまずあがり、肝臓・膵臓などが続く。その次に前立腺や子宮などの生殖器の癌もある。そう、どれもムネとハラに発生するものばかりである。悪性脳腫瘍に罹った場合の5年生存率は癌全体の中でも悪い方だとされる。アタマも怖いのである。

アタマとムネとハラ、骨に囲まれて外部から触れにくいところに癌は発生しやすい。

これはどういうことかと考えるに、しっかりと厳重に守られているところは免疫力さえも届きにくい、ということになるのではなかろうか。あまりこういうことを言う人間はいないが、私は経験上そういう疑問を無視することができないのである。

実際に全身を丹足法で施術していると、アタマ、ムネ、ハラは硬い人が多い。骨が硬いのではない。骨周りの筋肉などの軟部組織が硬くなっている人が多いのである。

「これでは血が通わない。」(つまり免疫力が及ばない)といつも感じる次第である。


せっかく食生活を改善してハラを揉みほぐしても、循環力が偏っていれば、必要なところに免疫力が届かないのではないか。その届かないところで癌細胞が増殖をしてしまうのではないか。私はそういう想定を立て、それを検証しながら施術を続けてきた。

実際にアタマやムネやハラを揉むのは難しいものである。頭蓋骨はカチカチで、その中に何らかの働きかけをするのは相当な技術が要る。ムネの肋骨は意外にもろくて折れやすい。肋骨を折らないように肺や心臓に働きかけるのは至難の業である。(だから救急救命の心臓マッサージは「肋骨を折ってもしかたがない」とされる。)ハラを揉む難しさは改めていうまでもない。とにかく難しく、下手に触ると危ないのがアタマ、ムネ、ハラである。

しかし、本当に循環力を高めるためにはこの三部位を避けては通れない。正直に告白すると、私自身、この三部位を安全に深く思いのままにほぐせるようになったのはここ数年のことであって、我が弟子たちはまだ途上にある。本当に難しい。

わごいちでは手で主にハラとムネとアタマを、足でその周辺から全身を分担して、免疫力を高めつつ循環力を回復させていく施術を志向している。結果として癌は今のところ完全に予防できているし、癌の再発予防の期待にも100%応えている。

そろそろまとめよう。

私がこの癌連載で皆さんに伝えたいのは、第一にハラを大事に免疫力を高めることの大切さであり、第二にこの免疫力を患部に行き届かせる循環力の大切さである。

世間の動向を見ていると、第一についてようやく知られ始めてきた段階であろうかと思う。しかし真剣に癌のことを考えるならば、第一の免疫力だけではなく第二の循環力についてもまた、じっくりと考えられることをお勧めしたい。というのが今日のポイントである。

本当は循環力を高めるために皆さんが自分で取り組む方法について書きたかったのだが、長くなりすぎたのでそれはまたいつかの機会に書いてみたいと思う。













三宅弘晃

emoticon-0179-headbang.gif今日の丹練
・四股100丹
・かちあげ四股200丹


[PR]
by wagoichi | 2017-03-25 20:54 | ガン

癌の3要件(前書き)


なぜわごいち通院者は誰一人として癌になっていないのか。


ようやく癌に対する探求が一つの区切りに行き着いたので、次回記事にはなるが公表することにした。「これを読めば癌が克服できる」と言えるほど話が簡単ではないのは当然のことで、読者の皆様にはあくまでもわごいちでの研究成果の公表として受け止めて頂きたい。


また蛇足ながら初めにお断りしておきたいのは、私は「癌はいくら高価なサプリメントでも決して治らない」という立場である。添加物まみれの加工食品や過剰な油分や糖分を食べる生活をつづけたまま、高価なサプリメントを摂取しても癌にはほとんど何の影響も及ぼさない。むしろ胃腸だけではなく肝臓や腎臓の負担となって、治癒に回すべきエネルギーを浪費するだけである。

癌にサプリメントは効かない。

この根拠はこれから書く研究成果を読めば納得頂けることと思う。今の時代に癌について語ると、すぐにサプリメント関係者が寄ってこられるので、念のため初めにお断りしておく。


・ ・ ・


さて本題に入る前に、わごいちの癌施術への実績と、わごいちの特殊性について多少の説明をしておく必要があるかと思う。

我らがわごいちは特殊な整体院と言える。世の整体院は体の不調があるときに通い、よくなったら通院をやめるのが普通である。困った時に断続的に通う、そういう形態が多いはずである。しかしわごいちの場合はそうではない。わごいちには皆さんきっちりと毎月通う。初めは不調で通い始め、それがよくなってからも通い続ける人がほとんどである。毎月きっちりと通い続けて5年10年と言う人がほとんどである、という特殊な整体院である。

「こんにちは、体調どうですか。」「いやー先生、肩と腰が張ってツラいです。」というのが一般的な整体院だとすれば、「体調どうですか」「お陰様でよい感じです。」という会話がわごいちの標準挨拶である。「体調が良いならなぜ通うの?」というごく普通の疑問がわいてくるシチュエーションであろうが、わごいちに通ってみるとそういう価値観を超えるものがあることを多くの人が知るようになり、結果として多くの人がずっと通い続けている。

このわごいちの通院について書いたのは、その是非の云々を今ここで語るつもりではなく、ただこのわごいちの通院の在り方が、統計を取るうえでとても都合が良いということを伝えたいがためである。毎月欠かさず通い続けて5年10年以上の人が沢山いる。つまりこれは「わごいちに通う人だからこそ現れる体の変化」を私たちも把握しやすいというメリットを授かっている。

今から書くのは、このわごいちならではの良質なる統計に基づき、15年わごいちでの取り組みとその成果について、私なりに分析したものである。あいにく専門的な統計学を私は学び得ていないが、単純にわごいちの通院者で「先生私、癌になりました。」という人は一人も出ていないというという点で、むしろ高度な統計学は必要ないはずである。癌罹患率ゼロなのであるから。

念のため断っておいた方がいいだろうが、「わごいちに通う人は西洋医療を信じていない人が多いから病院に通わない。だから癌になっても気が付かないだけじゃないか。」という憶測を持たれる方がいるかもしれないが、それは不要な勘繰りである。わごいちの通院者が癌検診や健康診断や人間ドックを受けていないわけでもない。過去の私のブログを読んで頂ければ解ると思うが、私自身からして病院治療を否定していない。むしろ感謝して利用している。通院者もまた同じである。健康意識の高い人たちの集まりであって、西洋医療も民間療法もニュートラルに大事にされていて、おそらく世間の標準以上に健康診断を受けている人たちであることを理解いただきたい。

何百人と言う人たちがわごいちに通い、誰一人として癌検診に引っかからない。いや正確には「ちょっと怪しいから再検査と言われました。」と言った人は数人いたが、すべて再検査で「問題なし」と言われて帰ってきた。つまり医療機関で検査を受けて続けて5年、10年とだって、だれ1人として癌になっていないのがわごいちである。

またこういう人もいるかもしれない。「整体院だから若い人が多いから癌になりにくいんでしょう?」と。しかし実際のところわごいちはあらゆる世代の人が来るし、むしろ比較的年配者のほうが多い。働き盛り以上の「癌の本命世代」ともいう人たちが多いので、この疑問もあたらない。

癌にかかったら病院に行くから、わごいちが知らないところで癌治療しているんじゃない?という人もいるかもしれない。しかしわごいちではそれはまずあり得ない。毎月通うのだから、途中で癌であれ交通事故であれ、なにかのトラブルに合えば真っ先に私達に知らされている。癌であればなおさら「先生癌になりました。どうしましょう。」との相談が入るものであるから、癌にかかって私たちが知らないという事はまず考えられない。

やはり15年で、癌に罹患した人はゼロなのであり、今現在もこの記録は更新されている。



今二人に一人が癌に罹患すると言われる時代である。しかしながらわごいちでは15年癌患者を出していない。

さらにわごいちに出会う前にすでに癌に罹患し、運よく病院治療で一命をとりとめ、再発予防に取り組む人たちも多く通院している。癌の種類によって再発率のばらつきはあるが、実はこの再発予防さえもわごいちでは今のところ完全に成功し再発率0%である。今はネットで各種癌の5年生存率、10年生存率が公表されているから参照されるといいと思うが、「再発率0%」というのは脅威的すぎて、専門家であればあるほど信じてもらい難い数字であろう。


開業以来15年、わごいち定期通院者における

「癌発症率0%」

そして、

「癌再発率0%」

これがわごいちの動かぬ実績であり、単純明快すぎるほどの統計である。




西洋医療の世界で、いや国を挙げて癌治療研究が進められているのは大事なことである。一方で西洋医療も傲慢なところがあり、自分たち以外の研究を卑下するような風潮があるのも事実であろう。

別にそれは私にとってはどうでもいい問題である。ただ私は私なりに事実と誠意に基づいた研究成果を次回の記事で公表することにした。

私は癌は我々の生き方を問う病であると思う。生き方自体が間違っているのだから、たとえ新薬が次々開発されても、決して癌はなくならない。そういう取り組みの方向を変えることが今なにより大事である。


癌への向き合いを通して現代の我々の生き方を見つめ直す。


これこそが私が癌に向き合う本当の理由であると理解いただき、次回をお待ちいただきたい。











三宅弘晃


emoticon-0179-headbang.gif今日の丹練
・四股400丹
・重刀100丹


[PR]
by wagoichi | 2017-01-12 00:18 | ガン

がんの原因

夜中にまどろみのなかで考えていた。

進行ガンで東京からわごいちに通う中、先日腸閉塞で緊急入院し、不安の中で私の声だけでも聞きたいとメールをしてきたHさんのことを。なぜ私はそれを受けなかったのかと。ここ数日ずっと考え続けてきた。

大事なことは頭には任せられない。腑の声を聞かなくては間違う。不安の最中の彼女の顔を思い浮かべて腑に問うて、やはり例え一言でも励ましを私がするべきではないと感じた。しかしなぜなのかがはっきりとわからなかった。

今朝の微睡みのなかで、これまで出会ってきたがんの人たちのことを思い返していた。がんになった人。がんが治った人。治らなかった人。がんになりそうだったけどならずにすんだ人。がんになってたであろうけれど、本人の気づかぬまま治った人。今瀬戸際にいる人。多分この先がんになるであろう人。救いのある人ない人。

瀬戸際はどこにあるのだろうかと。がんの分かれ道は何が決めるのかと言うこと。がんの真の原因は何であろうかと言うこと。


つい今しがたはっきりとわかった。探し求め続けた答えがはっきりと見えて、微睡みから完全に覚醒した。この覚醒を記録しておこうと今書いている。

わかってしまうとなんのことはないものだった。もともと知っていたことであった。だからこそわごいち通院中のがん発症率も再発率も0%を実現しているのであって、私の腑は既に完全にその原因を掴んでいたのである。何年も、十何年も前から感じ続けて来たことである。人々の腑が私に語り続けてきてくれたことであった。この腑に今ようやく私の頭が追い付いただけのことであった。

がんの原因ははっきりとわかった。その原因の克服法は既にわごいちの中に在ったということも認識した。しかし既に在ったとは言え、おぼろげな腑の直感だけで進んで来たものに頭の理解が伴うのは違う。力の厚みが変わる。迫力が変わることは間違いないだろう。


電話を受けなかった理由がわかったよ。Hさん、私の仕事は慰めではないのです。むしろ私の慰めはあなたのがん克服の妨げになる可能性があるのです。退院したらきっとわごいちにおいでなさい。その時にあなたのがんの原因についてお話ししましょう。電話では伝わらない、先ほどようやく私の頭が辿り着いた答えを伝えます。聞けばなんだとも思うだろうし、なるほどとも思うだろうけれど、知ってからあなたの腑に落とすまでの道のりはなかなか大変です。何せ私が十何年も悩んで辿り着いた答えですから。きっとあなたの想像を超える真剣なる対話と実践の積み重ねが必要です。生き抜く為に頑張れますか。



ああ、わごいちはこれまでがん罹患率と再発率はゼロだったが、これから次の段階に進むことになるのか。外野の声もうるさくなってくるだろう。直接的な命とのやり取りも増える。がんの本当の原因は簡単ではない。その人間の生き方に関わる病であるのだから、薬では本来どうしようもないものである。この理由において先ほど私が悟ったがんの原因、それを克服できるのは、つまりガン細胞の増殖の根本原因を変革できる場所は病院ではなくわごいちになるのは避けられない。少なくとも病院の在り方が変わるまでは。

わかってしまったらやるしかないのだが、やりきれるだろうか。人の甘えやエゴを相手にそこまでする意味を見いだせるかどうか。助けたいという思いを深め続けていくことができるのだろうか。人は理解できるだろうか。これは私の勝負であると同時に、病める人たち自身の勝負となる。

そんな腑のざわめきが聞こえるような目覚めだった。







弘晃

emoticon-0154-mail.gif: wagoichi◆excite.co.jp (◆を@に)
HP: わごいち(←クリック)

emoticon-0179-headbang.gif今日の丹錬
・四股300丹
・木刀300丹


[PR]
by wagoichi | 2016-12-02 04:46 | ガン

難儀な癌


昨日は実弟の見舞いに行ってきた。急性骨髄性白血病と言う、いわゆる血液の癌で入院している。

身内が癌になる、というのは小さくない出来事であろうと思う。その家庭環境によってどんな模様の波紋になるかの違いはあるだろうが、決して小さくない波紋を広げることになるだろうと思う。それが癌と言う病気のインパクトであろう。

両親は耐えきれないほどのインパクトを受けたはずだが、しかし懸命に前を向いて、無菌病室から一歩も出れない息子の代わりに各種手続きに走り、毎日交互に病院に通いながら差し入れをし、日々の洗濯物を引き取り、洗い、届けている。姉(私にとっては妹)は3人の幼子を育てる身でありながら、遠く福井から京都の病院まで飛んでくる。家族に激震が走っているのは間違いない。

さて、私はどうか。





改めて癌と言うものはインパクトが大きい。

癌そのもののインパクトもあるが、癌治療の副作用がまた新たなインパクトを引き起こしていく。いやおうなく命が天秤にかけられる。便利な社会で自分一人で生きてきたようなつもりもあった自分が、いかに人に支えられて生きてきたかを、どんなに一人では無力であったかを思い知らされる。

普段から人生を深く深く思い続ける習慣を持つ者は、そういう状況でも多分に落ち着いていられるかもしれない。しかし例え「2人に1人が癌になる時代」と耳にしたことはあっても、心のどこかで自分とは関係ないことと目を背けてきた者にとっては、「突然の理不尽な災厄」に対する怒りと嘆きを押さえきれないのかもしれない。「どうして自分が」と思い悩み、しかしいくら悩んでもどうにもならない現実に圧し潰されそうになる。



自分の中に癌細胞がいる。それは癌細胞も自分の一部であるということ。その<癌細胞を作ったのは自分である>ということ。つまりこれまでの自分の生き方が、癌細胞をつくる生き方であったということに、どれだけの人が思い至るかどうか。

そこに納得できれば、癌を自分の体の中から無くすには、<癌細胞を作る自分を癌細胞を作らない自分に変えるしかない>ということがスッと腑に落ちるはずだ。

例え抗がん剤で癌細胞を一旦死滅させたとしても、癌細胞を作る自分がそのままなら、また癌細胞はつくられる。抗がん剤だけでは治りきらない可能性とその理由についても、自ずと想像できるであろう。




手遅れになる前にこのことが腑に落ちれば、その患者は助かるかもしれない。もちろんこれらのことは既に弟にも伝えているが、今はまだ私の助言に「納得できないところがある」と言う。今まで真逆の人生を歩んできたのだから無理もないことである。

癌と言うのは難儀である。インパクトが強すぎて、副作用が強すぎて、その割に自分を見つめる時間が短すぎて、自分を変えるまで待とうとしてくれない。














弘晃

emoticon-0154-mail.gif: wagoichi◆excite.co.jp (◆を@に)
HP: わごいち(←クリック)

emoticon-0165-muscle.gif今日の丹錬
・力士四股200回
・よさこい四股100回
・重刀100回


[PR]
by wagoichi | 2016-11-24 15:17 | ガン



ようやく癌解説2つ目完了。3つ目が・・・3つ目が大変なんだよ。テーマは決まっているが、どう伝えたらいいのか。。。。ああぁぁ
以前の記事
最新の記事
癌の3要件 その2 癌と循環
at 2017-03-25 20:54
センスクイズ(中級編)の答え..
at 2017-03-22 17:16
マジョリティの危機
at 2017-03-21 17:28
天才の調べ
at 2017-03-19 21:09
センスクイズ(中級)
at 2017-03-19 02:40
センスクイズ(初級)
at 2017-03-16 12:00
メジャーの真剣
at 2017-03-11 10:45
体育に丹足をする
at 2017-03-07 14:57
太りたい?
at 2017-03-05 16:31
照千一隅
at 2017-03-02 17:11
嗜好品とは何か
at 2017-02-13 21:52
人間の性
at 2017-01-29 05:18
ちょっと一休みの「考えない旅」
at 2017-01-20 00:50
癌の3要件その1 癌と栄養
at 2017-01-17 16:11
雪中休話 「どうしてこの酒が..
at 2017-01-14 16:52
癌の3要件(前書き)
at 2017-01-12 00:18
カテゴリ
検索
お気に入りブログ
ブログパーツ
ブログジャンル