おっかけっこ



ややこしい距骨骨折から2年3カ月。

当初は骨壊死の可能性もありながら、手術なしギブスなしで自力治療に励み、1年後のレントゲンでは「もうどこが折れていたか見分けがつかない」と医師に言わせるところまで回復。

軟骨の再生はいまだ道半ばで、2年経ってようやく50メートルくらいを小走りできるところまで回復してきた。それでも「一生走れないかも」と言われたことを思えば、奇跡的であろうと思う。ありがたい。



ところで昨夜、夏祭りに行った。娘の友達(7歳)がキラキラした目で「おっかけっこしよ!」と何度も誘ってきて、その瞳のキラキラを拒むことが出来なくて、茂みの中を駆けっこしていたらまさかの「グキ」。2年以上、左足を守り続けてきてくれた右足を捻挫した。

幸い骨には異常はない。腫れもきつくない。痛みはあるが歩くにも支障はない。ただ、まだ軟骨が回復途中の為に痛みの残る左足と、軽く捻挫した右足と、両足同時不調はさすがに想定外だ。




「健康第一」という言葉がある。

僕は整体をしているが「健康第一」という言葉が好きではない。健康それ自体を目的にするのは違うとさえ思っている。体は人生を生きる道具であって、最低限動けばいい。整体師が言うべきことじゃないと思うけれども。

だから傷みはあまり気にならない。

タイムマシンで昨日に戻れるとしても、やっぱり僕はおっかけっこをするだろう。あの瞳のキラキラを見られるのならば。楽しい昨日だった。


今日は足を引きずり、I先生と青空カフェで打合せ。「出町ふたばの豆餅」を頂いた。




e0359411_16032387.jpg



この今日が、周り回って明日の瞳のキラキラに繋がっていけばと願う。














三宅弘晃

080.gif今日の丹練
・木刀200丹
・四股300丹



[PR]
by wagoichi | 2017-07-30 15:27 | 日常