意気に感じて


本人が知らぬ間に私のことを占ってもらってくれた人がいる。仮に山田さんとしておこう。

山田さんが信頼する占い師の鑑定によると、私は過去20年間はかなり辛い時期だったそうだ。特に最近の2年間は金銭的にも大変だったらしい。



e0359411_02565094.jpg


「はて?」


過去20年間と言えば会社員時代4年と、整体師時代16年がすっぽりと入る。大変なことはそれなりにあったが、そんなもんだろうと思ってあまり辛いと思ったことはなかった。

最近2年についても、金銭的な苦労と言われてみれば千照館やら講演会やら義援金ツアーやら出ていくばかりのことに頑張りすぎたかな、確かに蓄えは減ったな、でもそういう時もあるわなと、思っていたりする。

でもそれは私が楽天的すぎるだけで、客観的には厳しい時期だったのだろう。


鑑定にはまだ続きがある。


これからの10年間は私は絶頂期に入るというのだ。へえ~これまでも(少なくとも本人的には)まあまあだった思うのに、それは辛い時期で、これから反転して絶頂ということになると、おいおいどうなるんだ!?と嬉しくなった。

でもこのタイミングでこの鑑定。山田さん(仮)本当にありがとうございます。





e0359411_03024945.jpg



そんな山田さんのお引き合わせで、昨日はもう一つ、素晴らしい体験をさせて頂いた。

偶然に偶然が重なってこれはもう必然であろうと思うしかない流れで、山田さんに同行して出会ったのは奈良のとある神社。陰陽五行に基づく鑑定とご祈祷をしてくださるということで、私も連れて行っていただいた。なにせ今から大きな勝負を二つ始める。そんな時くらいは神様にもお力添えを願いたい。

ここの上田宮司さんが素晴らしい方だった。こんな清々しく深みのある人にはなかなか出会えない。一目見た時から、この方なら間違いがないと思えた。



上田宮司さんは私の姓名と生年月日から導き出した陰陽五行の表を見ながら、私の構想について聞かれた後「なぜ三宅先生は整体をなされるのですか」と問われた。私はこう応えた。

「人がやっていなことで核心的なことに挑み続けたいのです。」

上田宮司さんのお顔がパッと弾けてこういわれた。「何も言うことはありません。先生はその挑戦をなされればいいんです。」と。その上でとても貴重なアドバイスをくださった。「いつもご自分の魂を楽しませることだけ忘れないで下さい。」

ああ。心底から有り難いなと思った。



e0359411_03461520.jpg


その後は土のこと、新緑は神力であること、宮司さんの向き合う日本文化、私の向き合う日本文化、それぞれのこれからの方向性についてのお話をしたり、宇宙の神様について見知らぬ世界のお話を聞かせて下さったり、逆に私はハラを揉んで感じる命の実態についての最近の発見を投げかけたりして、様々なことを心ゆくまで語り合い交流を楽しませて頂いた。

山田さんのご紹介という事もあり、山田さんと私の二人で2時間半もお付き合いを頂いた。本当にこんな時間は滅多に持てない。こんなに命について話し合える人に出会うことは滅多にない。

最後に「三宅先生に頑張ってくださいとは言いません。一緒に頑張りましょう。」と言われた。同志に出会った気がした。





e0359411_09535478.jpg




その後はご祈祷となった。

ここでもまた偶然の産物としての奇跡が起こり、普段は若手に任されるご祈祷を上田宮司さん自らが行われた。ありがたくご厚意を受けたのだが、あのような心身に響くご祈祷は2度と味わうことはないだろう。上田宮司さんから三宅弘晃へ、意気というものを真っすぐにぶつけてくださった。ありがたすぎて少し涙が出た。

意気に感じるというのはこういうことなのだ、ということを初めて思い知った。

上田宮司にも、山田さんにも本当にありがとうございましたと、俺はやるよと、きっとやり遂げられるよと、更に志が強くなった一日になった。




e0359411_10111003.jpg




最近なんだかおかしい。

「なんなんだこれは?」と思うようなご縁を頂く。出会う人が私の話に感じ入ってくれる。調子に乗らないように戒めながら、この流れにはありがたく乗っていこうと思う。魂を喜ばせながら、これから10年の絶頂期を突っ切りたい。



上田宮司さんからはいつでもまた来て下さい、と言っていただいた。またの機会がいつあるか、これも楽しみに流れに任せてみようと思う。


e0359411_02552914.jpg


帰り道。山田さんが野点の用意を持参してくださっていた。なぜかいつもどこでも現れる紙鳶と共に、穏やかな風に包まれてのお茶会。


山田さん曰く、初めの鑑定には続きがあって、鑑定士の先生がこう仰ったそうだ。

「この人、永遠の中学生。」




それ、知ってる。

(だから言わないで。)



知ってるからこそ今、中学生をがっちり支えてくれる人たちを、周りにせっせと集めている。自分にないものは助けてもらうしかない。

私はこれから大いに人に助けてもらい、中学生な大人にしかできない仕事をしようと思う。




e0359411_09540812.jpg
平成29年5月3日 青き空を見上げて。







三宅弘晃

080.gif今日の丹練
・四股400丹


[PR]
by wagoichi | 2017-05-04 03:22 | 日常