祭りの開始


昨夜は久ぶりに目いっぱい吞んだ。

3人で30分で一升瓶が空いた。

どうも最近の我々には勢いがある。


e0359411_10073564.jpg

わごいちの仕事が終わった後、弟子たちとプロジェクトの検討。一区切りついてご飯と共に酒を吞んだ。30分ほどで瓶を空け、またそれから各自の仕事に打ち込んだ。


世間は春祭りが盛んだが、我々もまた祭りを作るようにプロジェクトに打ち込んでいる。

大変だが面白いし、やり甲斐がある。







この現千照館の規範。4年間頑張ってくれた。

e0359411_21202744.jpg

◆第2条「目的」第3項

・腹育への取り組みの成果として得た力を社会に還元し、後世に貢献せんとすること。

いよいよこの条項が動き出すのだ。


◆第3条「役職」

この条項については抜本的に変わる。館主つまり私の専管が廃止される。館主が専管する「道場」から、会員で運営する「協会」に移行する。




以前から千照館が変わること、社会貢献活動に力を入れる事、資格認定をすること、丹足を世に広めていくこと、そのような方向を模索していることは書いてきた。

「今の日本社会は良い方向に向かっている」

と思う人がどれだけいるか?



そこが今を生きる我々の共通の課題ではなかろうか。



e0359411_21192378.jpg


新しい千照館の枠組みをつくる作業は既に始まっている。まず5名の立ち上げメンバーでアイデアを練りながら形を作っていっている。メンバーはもう少し増やす予定だ。


また丹足トレーナー/サポーターとして活動したいというセミナー生も気が付けば15人。彼らの出番もそろそろだろう。

皆で新しい協会を、新しい千照館を作る。






では予告をしよう。


5月1日に、新しい千照館の概略を発表します。

6月1日より、新しい千照館がスタートします。


現門人の皆さんも、丹足に興味がある皆さんも、社会貢献に興味がある皆さんも、楽しみに待っていてください。丹足を使って、我々の社会に向かってチャレンジをするのです。




祭りが始まる。

志を揃えて、想いをぶつけて、力を合わせる。

日本を元気にする祭りの始まり。












三宅弘晃

080.gif今日の丹練
・木刀200丹
・四股300丹


[PR]
by wagoichi | 2017-04-28 21:58 | 仕事