照千一隅への道のり

ONE?TWO?


熊本市長から礼状が届いた。


e0359411_17063575.jpg


熊本研修旅行の1週間後に震災が起き、皆さんから託された義援金を届けたのが去年の11月だった。

(当時の記事はこちら↓)


仕事の合間の夜行バス弾丸ツアーは体力的に厳しかったが、権藤君の助けも借りて、熊本城、益城町役場、そして竹熊先生のもとに義援金を届けることが出来た。

竹熊先生からもお礼の著書50冊が届き、今わごいちの玄関で新たな義援金に生まれ変わりつつある。また秋くらいに第2次義援金ツアーをしたい。



地震の直後、研修でお世話になった竹熊先生にお見舞いをしたいと思い、もし自分が先生なら何が一番元気づけられるだろうかと考えた。

義援金も嬉しいだろうが、やはり私が先生なら、落ちた瓦の修理よりも自分が学び得た知恵を少しでも多くの人に知って欲しいと考えるに違いない。だから「学んで支援」というメッセージと共に、先生から購入した50冊の著書を皆さんにお勧めし、代金を義援金に充てた。

単にお金のやり取りだけではもったいない。本を熊本と日本各地の間で循環させようという考えだった。今回のことをきっかけに多くの人が竹熊先生の知恵に触れることが出来たんじゃないかと思う。




世間には「ボランティアなんて偽善だ」という人も居ると聴いてびっくりする。そういう人は、ボランティアや支援活動を「お恵み」として捉えているのかもしれない。

例えばわごいちで整体をしているのは、慈善事業ではない。税法上は営利事業である。しかしだからと言って営利だけを求めて経営しているわけではない。人の助けになりたいという理念に基づいた経営をしている。

「営利と理念」。言い換えれば「自分の為と人の為」。どちらも否定はできない。どちらも常に存在する。どちらも存在し、なおかつ不可分の存在である。共にひっくるめて人の営みであり、わごいちの整体である。

だからこそ「和合一致」という屋号を冠している。



私は皆さんに声を掛けて熊本を助けに行った。それはつまるところ、私自身を助けに行ったのであり、義援金を託してくれた皆さんを助けに行ったのである。

行動を起こしたことで、私たちは随分と力をもらった。確かに繋がっているという感覚が、生きている手応えを与えてくれた。

人があるから自分がある。自分があるから人がある。人と自分は分けられるものじゃない。それを分けようとするから心身のバランスを崩して人は病気になる。

ここに気付いている人は意外に少ない。



e0359411_17201906.jpg

TWOは寂しいよ。







三宅弘晃

080.gif今日の丹練
・重刀200丹
・四股300丹


[PR]
by wagoichi | 2017-04-14 17:26 | 日常
<< その5.3Kの目 その4.自分の人生をはじめる >>



「原点が導くこれから」という感じでしばらく探り書きです。

by 三宅弘晃
以前の記事
最新の記事
千年の第一歩
at 2017-05-24 18:22
その12.エレキにビビッとや..
at 2017-05-22 14:34
その11.整体はしんどいものか
at 2017-05-20 21:26
乗り越えて仲間になる
at 2017-05-19 17:59
近頃の私(5/13)
at 2017-05-13 19:33
豆の教え
at 2017-05-12 16:08
型稽古の醍醐味
at 2017-05-11 16:11
その10.燕雀安くんぞ
at 2017-05-09 20:40
その9. 修行は愚直なるべし
at 2017-05-06 23:10
意気に感じて
at 2017-05-04 03:22
「丹足普及協会 千照館」設立案内
at 2017-05-01 20:34
「弘晃の野望」
at 2017-04-30 15:06
夢を共に
at 2017-04-29 14:00
祭りの開始
at 2017-04-28 21:58
その8.勝負どころ
at 2017-04-27 04:29
体温と肚温
at 2017-04-26 15:21
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
ブログパーツ
ブログジャンル