照千一隅への道のり

話せばわかる・・・か



今朝、心斎橋で喫茶店に入ると女性客が一人いた。旅行者らしくスーツケースを横に置いてタバコを吸っている。煙がかからないようなるべく遠いところに座ってコーヒーを飲んでいる私のところへ、その女性が近づいてきた。

彼女が私にスッと差し出したスマホの画面には「海賊王フィギア」と表示されていた。その他は中国語で読めない。

「これ?」

と聞くと、黙ってうなずく。

「ここに行きたいの?」

と聞くと、黙ってうなずく。
困った。日本語は通じないみたいだ。

「ニアヒア?」

と聞くと、?な顔をする。
困った。私の怪しい英語は通じないみたいだ。

多分このあたりで海賊王のフィギアのイベントかショップがあろうのだろう、とは予想がつく。でもあまりにも情報が少なすぎやろ。

言っても仕方がないので、自分のスマホで「海賊王フィギア 大阪」で検索すると、それらしいのが出てきた。あべのキューズモールでワンピースフィギアのイベントをしているショップがあるらしい。


e0359411_15164486.jpg



「これ?」

と画面を見せると、うなずく。よっしゃよっしゃ。


さてここからが問題である。どうやってそこまで自力で行ってもらうか。

「ユーハフトゥーテークアサブウエイ」

と再度怪しい英語を繰り出すも予想通り「?」な顔をする。懲りずに「トレイン アンダーグラウンド」と続けると「JR?」と近づいてきた。「ノーノー」と言いながら人差し指を地面に向ける。そして「アンダーグラウンド」と再び言うと、「OK!」とうなずく。よっしゃよっしゃ。

「ユーハブメモ?」と言いながら手で書く真似をする。もはや我がイングリッシュは儀式と化した感があるが、意味は通じたようでカバンから紙とボールペンを持ってきた。

こう書いた。

「私は天王寺駅にいきたい。」
「私はキューズモールにいきたい。」
「心斎橋」→(SUBWAY)→「天王寺」→(WALK)→「あべのキューズモール」

今あなたは「心斎橋」にいるんだよ。ここからサブウエイにのって「天王寺駅」に行って、そこからウォークで「あべのキューズモール」に行くんだ。サブウエイでは「私は天王寺駅に行きたい」と近くの日本人にこのメモを見せて、天王寺駅に着いたら「私はキューズモールに行きたい」とこの紙を見せたら教えてくれるから、とメモを指差しながら説明した。

もちろんぼでぃらんげっじでね。

苦節15分。すごく嬉しそうな笑顔を残して彼女が去り、冷めたコーヒーが手元に残った。




どうも私は中国人によく道を訊かれる体質のようだ。

あまりにもしょっちゅう訊かれるので、でも中国人が最近大阪には多いから皆そうかと思って君らはどうや?とスタッフたちに聞いても、彼女たちは全然そういうことはないらしい。わごいちスタッフの中では私だけが狙い撃ちの状況のようだ。

きっといつも親切に教えるから、その筋では有名なんだろうというのが、我々の仮説である。中国人向けガイドブックに「大阪の親切な人」特集で載っているんじゃないかという噂もある。もしそうなら少々迷惑な話ではある。

でも実は言葉の通じない人と何かを話すというのは嫌いではない。なぜなら言葉が通じなくても伝えたいという熱意を感じるからだ。




私は大阪外大を卒業しているが、言語をそれほど大事なものとは思っていない節がある。単に不勉強の言い訳かもしれないが、大学時代に言語を勉強してみて思ったのは、言語は最重要じゃないという皮肉な事実である。


それを今、改めて痛感している。

同じ日本人なのに、同じ日本語を話しているのに、話が通じないことが多い。同じような顔立ちをして同じ言葉を話して、話す言葉は理解できているのに、思いが通じない。言葉が虚しく霧散する。時折日本にいながら見知らぬ外国に自分がいるような気がすることがある。

熱意をもって伝えようという人が少ないからかもしれない。



言葉が通じれば気持ちも通じるはず。それは楽観的思い込みであろう。

話せばわかると言うけれども、言葉と言うのは熱意を持ってこそちゃんと聞こうという気になる。別にどっちでもいいんですけどなんて言いながら日本語をしゃべられても、「聞こう」という気にはなれない。自分が熱意を持たないことを「話そう」という気にもならない。

熱意なき言葉と独り言にどれ程の違いがあるだろう。



言葉が通じることで甘えてはいけないね。

やはり人と向き合う時には、互いに正面を向いて話すのが大事。熱意を交わす会話を重ねたい。


初めて入った店だったけど、マスターにも丁重にお礼を言われた。

コーヒーは冷めちゃったけど悪くなかったよ。






三宅弘晃

080.gif今日の丹練
・四股400丹
・木刀300丹

080.gif昨日の丹練
・四股500丹
・旋風重刀200丹

[PR]
by wagoichi | 2016-12-17 14:48 | 戯言
<< 日本人の拠り所 ○○の文化 >>



「原点が導くこれから」という感じでしばらく探り書きです。

by 三宅弘晃
以前の記事
最新の記事
その7.はじめの一歩
at 2017-04-22 14:03
道を拓く
at 2017-04-19 11:33
その6.生き甲斐の花びら
at 2017-04-18 15:12
その5.3Kの目
at 2017-04-17 18:26
ONE?TWO?
at 2017-04-14 17:26
その4.自分の人生をはじめる
at 2017-04-12 17:15
新しい丹足の資格について
at 2017-04-11 16:33
「直伝!丹足集中セミナー」を..
at 2017-04-10 17:50
歴史的邂逅
at 2017-04-09 20:36
ラスト無楽稽古
at 2017-04-08 12:32
その3.不便の神さま
at 2017-04-07 14:08
その2.誰も通らない道
at 2017-04-06 16:11
その1.屠殺場のウルトラコース
at 2017-04-05 15:36
混然一体な稽古
at 2017-04-02 17:00
癌の3要件 その2 癌と循環
at 2017-03-25 20:54
センスクイズ(中級編)の答え..
at 2017-03-22 17:16
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
ブログパーツ
ブログジャンル