照千一隅への道のり

技術ってのは



最近、寿司の専門学校のネット広告がやたらと我がPCに登場する。

確かに私は寿司は大好物である。であるが寿司の専門学校には別に惹かれない。

「寿司職人になるために、寿司屋で何年も修行するなんて馬鹿げている」という人がいる。食べる人はそういう考えもあると思う。でも職人に対しては、その考えはやめとけと言いたい。




知り合いの専門学校を経営する人から、こんなことを聞いた。

「最近の専門学校は、例えば調理学校なら2年間とか期間を区切って、その間は最高の道具と食材を揃えて、すべての調理技術を教えこんで、卒業までに一人前にする、というのを国が政策として後押ししているんです。」

この国の方針に従う専門学校には手厚い補助金を与え、「いやいや、うちは年月かけても地道に修行させる昔ながらの方針を守ります。」という専門学校の補助金は減額していくんだそうである。

国がそういう方針なのだね。




すでに昔にこの方針が徹底された世界がある。ほかでもない、我らが整体界である。

昔は整体の技術伝承は、個人の治療家が各自で後継者を育てていた。整体と言うのは全国各地に様々な流派があって、その全貌は誰にもわからない世界であるが、従ってその技術伝承も個々の裁量と方針によって行われていたようだ。

整体が西洋医療と比べて世間の信用を得にくいのは、一つには公的医療ではないということもあるが、それ以外に「あの先生はどんな治療をするのかわからない。」という世界であるからだと思う。病院なら「この病気ならばこういう治療がなされるであろう」という想定が可能であるが、整体はそれが難しい。口コミ情報を頼りに訪れ、あとは受けてみないとわからない世界である。

だから整体はどうしても「あやしい」というイメージが付きまとう(それはそれで仕方ない)。一方で自由で闊達な技術研究を行う土壌があるというのもまた事実である。医師会とか医局とか学会とか、そういう縛りが無い。自分が思うように技術を磨いたり、改造したり、発明したりというのが、お医者さん達よりもはるかに自由なのである。

「あやしい」のに無くならない整体。頼る人が後を絶たない整体。それはこういう整体の自由な研究の成果としての技術に、人々が期待をするという要素があるのは間違いないと思われる。


しかしそんな整体界の自由は、今や壊滅的である。国策があったのかどうかは私は知らないが、昨今の多くの整体師は整体の専門学校の卒業生である。整体学校で画一的な技術を学び、卒業をもって「一人前の整体師」として世に出ていくのが今の整体師の在り方になっている。我らわごいちのように、年単位で徒弟制度の中で技術伝承をするような整体院はほとんどない。

「卒業してからも色々な技術セミナーに参加して勉強を続けているから、それでいいんじゃない?」という人もいるだろうが、そういう人はキャリアの一番初めの真っ白な時期の大切さを知らない。徒弟制度の中でしか伝わらない技術の凄みを知らない。残念だけど、わからないものはどうしようもない。

今の整体界は、まず整体学校から入るがために、彼らの言う「効率的なカリキュラム」で促成栽培されるがために、皆同じようなテクニックを、中途半端なレベルで提供しているに過ぎない。これではちょっと上手な整体師は生まれても、すごい整体師は生まれない。これは世の体調不良の人たちにとっても、整体師たち本人にとっても非常に悲しいことであるが、すでに現実として定着してしまっている。

一度失った徒弟文化を、年月をかけて本質を学ぶ文化を取り戻すのがどれほど大変か。今まさに、その苦難の真っただ中にいる私が味わっているこの歯がゆさを、どれだけの人が想像できるだろう。



学びは初めが肝心なのだ。初めに学びとはこういうものかと、修業とはこういうものかと、手に職を付けるというのはこういうことかと、テキストにもDVDにも表現できない師匠と弟子と言う2人の人間の生々しい葛藤の中で根付くこの感覚を、今のような専門学校でどう伝えようというのか。効率を追求すればするほど、技術は遠のく。本物の技術を知らないお国の官僚にはそれがわからない。



寿司は寿司屋で親方から学んだ方がいいですよ。

中途半端な専門学校で学んだ技術なんて、もう数年のうちにロボットに負けるよ。今はまだロボットもあんまり上手じゃないけど、瞬くまに上手になって世界中に出荷されて、中途半端な職人はすべて駆逐されてしまうだろうよ。せっかく学んだ時間も、払った学費も全部パーだね。


でも「飯炊き3年、握り8年」をしっかりやってきた本物の職人だけは生き残る。生きがいに包まれて生涯を終えることが出来る。


技術ってのはそういうもんだよ。













しのぶさんに捧ぐ。。。。弘晃

055.gif: wagoichi◆excite.co.jp (◆を@に)
HP: わごいち(←クリック)

080.gif今日の丹練
・四股400丹
・無呼吸重刀100丹


[PR]
by wagoichi | 2016-12-05 15:13 | 教育
<< 欲と本能 譲れないこと >>



「原点が導くこれから」という感じでしばらく探り書きです。

by 三宅弘晃
以前の記事
最新の記事
その7.はじめの一歩
at 2017-04-22 14:03
道を拓く
at 2017-04-19 11:33
その6.生き甲斐の花びら
at 2017-04-18 15:12
その5.3Kの目
at 2017-04-17 18:26
ONE?TWO?
at 2017-04-14 17:26
その4.自分の人生をはじめる
at 2017-04-12 17:15
新しい丹足の資格について
at 2017-04-11 16:33
「直伝!丹足集中セミナー」を..
at 2017-04-10 17:50
歴史的邂逅
at 2017-04-09 20:36
ラスト無楽稽古
at 2017-04-08 12:32
その3.不便の神さま
at 2017-04-07 14:08
その2.誰も通らない道
at 2017-04-06 16:11
その1.屠殺場のウルトラコース
at 2017-04-05 15:36
混然一体な稽古
at 2017-04-02 17:00
癌の3要件 その2 癌と循環
at 2017-03-25 20:54
センスクイズ(中級編)の答え..
at 2017-03-22 17:16
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
ブログパーツ
ブログジャンル