照千一隅への道のり

二度とない仕事


「毎回違う施術をされますね」

と、お腹を揉まれながら話されたのは、子宮筋腫の悩みで最近通い始めた小学校の先生。

「そうですね。毎回おなかは違うし、この瞬間も刻々と変わっていっているし。それに合わせないと。」と応えると、「なまもの相手ですものね。」と納得された。


その先生は面白いことを話された。学校で子供をきつく叱らなくてはならないときは、手を握って叱るんだと。そうすると子供の納得の仕方が全然違うんだと。10年教師をやってきて、ようやくそういうことが分かってきたと。良い話だなと思った。

さらにこんなことも教えてくださった。

小学生でも低学年の子はべたべたと触って甘えてくるが、高学年になると男の子はベタベタできない。それでもベタベタしたい子は、「先生肩こってるやろ」とか言いながら肩を揉んでくれるそうだ。甘えたいのだが、男女の分別はついている。そういう中での肩もみだという。

「OLに触りたいおっさん部長と同じ構図ですね」

あまりにいい話過ぎたので茶化してそう言うと「せっかくのいい話なのに!」と叱られた(笑)。




先生も広い意味では職人である。子供をすばらしい未来に導く職人である。整体師ももちろん職人である。心身をすばらしい未来に導く職人である。

職人仕事はいろいろありどれも素晴らしいものであるが、人相手の、人と言うなまもの相手の職人仕事はまた格別なものである。

自分がしっかり仕事をして成長すれば、その成果は相手の人間に照射される。その光を受けた相手の変化がまた自分に気づきを与え、その気づきがさらなる成長の糧となってくれる。

職人仕事の醍醐味である。



職人仕事にマニュアルは要らない。成功体験は次への糧としながらも更新していかなくてはいけない。成果の中に立ち止まっていてはいけない。その反面、失敗は置きざりにしてはならない。必ず検証して克服していかなくちゃならない。

と書くと大変厳しい雰囲気がするが、厳しいからこそ、乗り越えた喜びはその職人のものとなる。



二度と繰り返しのない仕事の中で「生きている」実感を味わう。

それが職人を続ける一番の喜びじゃあなかろうか。










弘晃

055.gif: wagoichi◆excite.co.jp (◆を@に)
HP: わごいち(←クリック)

066.gif今日の丹錬
・重刀200回
・力士四股100回


[PR]
by wagoichi | 2016-11-28 15:16 | 職人
<< めくるめく潜在意識 都会の雨 >>



「原点が導くこれから」という感じでしばらく探り書きです。

by 三宅弘晃
以前の記事
最新の記事
千年の第一歩
at 2017-05-24 18:22
その12.エレキにビビッとや..
at 2017-05-22 14:34
その11.整体はしんどいものか
at 2017-05-20 21:26
乗り越えて仲間になる
at 2017-05-19 17:59
近頃の私(5/13)
at 2017-05-13 19:33
豆の教え
at 2017-05-12 16:08
型稽古の醍醐味
at 2017-05-11 16:11
その10.燕雀安くんぞ
at 2017-05-09 20:40
その9. 修行は愚直なるべし
at 2017-05-06 23:10
意気に感じて
at 2017-05-04 03:22
「丹足普及協会 千照館」設立案内
at 2017-05-01 20:34
「弘晃の野望」
at 2017-04-30 15:06
夢を共に
at 2017-04-29 14:00
祭りの開始
at 2017-04-28 21:58
その8.勝負どころ
at 2017-04-27 04:29
体温と肚温
at 2017-04-26 15:21
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
ブログパーツ
ブログジャンル