照千一隅への道のり

拝啓、35歳になった参尽殿


本日はお忙しい中、お付き合いありがとうございました。久しぶりの二人きりでの会食、少し緊張気味に見受けましたが、楽しめましたか。

早いもので貴女が私の元に来てから10年目に入ります。当時はまだ26歳。フリーターで人生の道筋について悩んでいる時期でしたね。

あれから9年と少し、様々なことがありました。今の世の中ではなかなかない弟子入りという展開。私にとっても初めての弟子取りという展開。時代はコストパフォーマンスとか費用対効果とか効率学習とかばかりがもてはやされる中、どうしてわざわざ徒弟などという古めかしい遺産を持ち出すのかと、それも若い女性がと、周りには奇異に思われることもありました。それでもなぜか「これしかない」そんな気持ちで突っ走ってきた9年間でしたね。

貴女が弟子入りしてからも、様々な人が私の元にやってきました。やってこようとしました。すっかり仲間として定着した紙鳶の存在は稀で、ほとんどの人達は途中で去っていきました。覚えているだけでも十数人はいますね。

そんな中、初代の貴女はずっといます。「ずっと頑張ってすごいね。」「もう独立開業できるんじゃない?」そんな声も沢山耳にしてきたことと思います。でもね、少なくとも貴女と私は知っていますね。「独立?とんでもない!」と。



貴女はこの9年間、私に叱られるたびに「絶対乗り越えますから。待っていてください。」と呪文のように訴えてきました。私もその言葉を信じ、結果的に言うとほとんど空手形を掴まされるようなものだったのですが、いつか乗り越えてくると信じて待ってきました。

お陰で私は師匠としてどういう人間か、最近ようやくにして少しずつ分かりかけてきたように思います。

私は極論すれば、その辺の誰よりも厳しい人間です。そしてその反面、誰よりも甘い人間です。一見厳しそうに見えて、実はとても甘い。そういうところがあるようだと、最近痛感しています。

そんな私のところに集まる人間は昔から少なくないのですが、それは何故かというと案外と居心地がいいのです。一見厳しそうですから「私は厳しい先生のところで頑張っている」と言う自己肯定ができます。そのくせ実際は甘いところがありますから甘えたままで居座ることもできます。意外に居心地がいいみたいなのです。

鈍い人にはわからないでしょうが、敏感な人には、私と言う人間はとても都合のいい人間であるようだと、段々に分かってきました。なかなか自分のことってわからないものですね。

参尽さん、あなたは甘える天才です。この際はっきり言っておきますが、甘えどころの見極めと、甘え方に関しては天才的です。イチロー選手にも大谷選手にも後れを取らないほどの天才っぷりです。知っていましたか。そこに私はまんまと騙されてきたように感じています。


人はうまくいかないときに、なぜかと考えることで自分の欠点に気づくことができます。そして自分を成長させることができます。

私は貴女が9年以上ついてきてくれたことで、自分の欠点に気づくことができたように思います。これは皮肉でもなんでもなくて素直な気持ちです。

今ここで告白しますが、私は人を育てる才能があると過信してきました。しかし、9年ついてきた貴女がここで行き詰っている現状をみるにつけ、私は自分自身への信頼を問い直さずにはいられませんでした。なぜか。どうしてか。その問いかけの中でようやく自分の中に、一見厳しいようで実は甘いところがある、という大きな欠点を見つけることができたのです。


参尽さん。貴女は今日またしても「叱られてもめげませんから。」と言い、私に「めげるのは俺の方だろ」とたしなめられましたね。「叱られてもめげずについていく」それはもはや貴女にとって美徳でもなんでもないのです。

私はこれまでその空手形に翻弄されてきましたが、結局「叱られてもめげない」というのは強さでも何でもなく「叱ってもらう」ことが前提となっている甘えなのですね。バカな師匠もようやくそこに思い至ったわけです。

バカ師匠は、貴女に限らずこれから誰相手であっても、もうむやみに甘えさせてあげるつもりは毛頭ありません。咲く花は咲けばいいし、自力で咲こうとしない花はしおれるしかないのです。私ができるのはただ咲きたい花が咲けるように見守るだけ。それだけなのです。

だからもう甘える才能はそろそろ封印して、自分で自分の人生をどうしたいかよく考えて生きていってください。もう35歳ですからね。


願わくば、来年の誕生日には違う顔の貴女と杯を酌み交わしたいものです。甘えにすがるような生き方から脱した貴方に。貴女の有り余る生命力が、この整体と言う素晴らしい仕事に惜しみなく注ぎ込まれる姿を見たいものです。

35歳の餞に、大事なことを何度も言わせるあなたのために記しておきます。


e0359411_00042715.jpg
敬具





弘晃

055.gif: wagoichi◆excite.co.jp (◆を@に)
HP: わごいち(←クリック)

066.gif今日の丹錬
・四股300回
・無呼吸重刀200回


[PR]
by wagoichi | 2016-11-17 23:59 | 日常
<< 肝っ玉 熊本義援金総括(後編) >>



「原点が導くこれから」という感じでしばらく探り書きです。

by 三宅弘晃
以前の記事
最新の記事
その7.はじめの一歩
at 2017-04-22 14:03
道を拓く
at 2017-04-19 11:33
その6.生き甲斐の花びら
at 2017-04-18 15:12
その5.3Kの目
at 2017-04-17 18:26
ONE?TWO?
at 2017-04-14 17:26
その4.自分の人生をはじめる
at 2017-04-12 17:15
新しい丹足の資格について
at 2017-04-11 16:33
「直伝!丹足集中セミナー」を..
at 2017-04-10 17:50
歴史的邂逅
at 2017-04-09 20:36
ラスト無楽稽古
at 2017-04-08 12:32
その3.不便の神さま
at 2017-04-07 14:08
その2.誰も通らない道
at 2017-04-06 16:11
その1.屠殺場のウルトラコース
at 2017-04-05 15:36
混然一体な稽古
at 2017-04-02 17:00
癌の3要件 その2 癌と循環
at 2017-03-25 20:54
センスクイズ(中級編)の答え..
at 2017-03-22 17:16
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
ブログパーツ
ブログジャンル