照千一隅への道のり

熊本義援金総括(前編)


記憶の新しいうちに、熊本義援金ツアーの総括をしておこうと思う。


わごいちに帰ってから、弟子たちに熊本での1日の報告会をした。

「権藤君が車を運転してくれて助かったよ。朝の四股踏みから一日ドライブ、夜は銭湯に行って飲みに行って。道中色々話もしたよ。」

と話したら、

「まあ、師匠と一日中二人きりでドライブして、裸のお付き合いまでなんて。」

と変なやきもちを焼く弟子には笑ったが、私も一人の門人とこんなに密着して過ごしたことはないので、思えば珍しい一日であったと思う。


せっかくだから、この総括は権藤君と私の会話を織り交ぜて書いてみよう。


では、総括。




e0359411_14104604.jpg


権藤君の車の中から。前を走るのは、私を大阪から熊本まで運んでくれた夜行バス。右は路面電車。権藤君曰く、有名なデザイナーにデザインしてもらった車両とのことで、確かに目を引くものがある。内装はさらにスタイリッシュだったよ。

道すがら、地震で壊れた建物をいくつもみた。修理中の建物、修理の手が回らずブルーシートで雨をしのいでいる建物、修理をあきらめたかのような半壊した建物、立て壊された平地など爪痕はそこかしこに残っている。

余りに痛々しかったので、写真には収めていない。


「日本家屋は瓦が落ちたりして大変なところが多かったですけど、比較的新しい西洋建築は案外平気なことが多かったようです。」

と権藤君が話してくれた。

「以前読んだ『西岡常一と語る 木の家は三百年』という本にはこう書いてあったよ。」

と私は応えた。

「日本家屋は、地震の揺れのエネルギーを瓦が吸収して飛んでいくから、瓦は落ちるけれども建物自体は守られるんだって。瓦はまた割れた分だけ後で足せばいいからね。」

へえーと聞きながらハンドルを握る権藤君。

「ちなみに日本家屋の土壁も地震でひび割れたり崩れたりするけれども、土壁も地震の揺れのエネルギーを吸収して壊れることで柱を守っているみたいだね。」

土壁は粘土と藁を混ぜて寝かせて発酵させたものだから、崩れ落ちてもまた練り直して塗ることが出来る。とてもエコな建材である。

瓦や壁に揺れのエネルギーを吸収させて、敢えて固めないで揺れながら建物を崩れないように守る。これは最近のタワーマンションでよく言われる免震構造と近い思想。免震構造は西岡棟梁たちが代々守ってきた法隆寺などの塔を研究してできたものだという話があるくらいだから、それは当然のことかもしれない。

「西洋建築は頑丈に作っているけれども、ある一定ラインを越える負荷がかかったら、建物全体がペシャンコ。さて、どっちをとるか難しいところだね。」



痛々しい益城の家々。

e0359411_21172800.jpg

大変気が引けたが、この家だけ写真にしっかりとおさめた。弟子たちに学ばせてやろうと思って。


e0359411_15011054.jpg
西岡棟梁の教えそのままの損壊を見せる和風建築。瓦が落ち、土壁がめくれている。が、構造は保たれている。

例え柱が傾いても押せばまっすぐになる。まっすぐにしてから瓦を乗せ、壁を塗り直せば家は蘇る。

ちなみに本来の日本建築の場合、地面の基礎と地上の建物は固定されていない。石の上に柱を乗せてあるだけだ。だから横揺れがきついと家全体がそのまま基礎の石からずれてしまうが、ロープを張ってみんなで横に引っ張って基礎に乗っければまた復活するらしい。

西洋建築ではそうはいかない。基礎からズレたら(割れたら)ぶっ壊して建て直さないといけなくなる。





e0359411_21165776.jpg


益城の皆さんの家の再建と、落ち着いた生活が一日でも早く返って来ますように。

願いを込めて、4万8千90円の義援金を町役場に託した。


この義援金は、益城町民の皆さんに使われるとのこと。主に東京講演の際に皆さんに頂いたお金を充当したのて、「おなか元気サミット」の代表名にした。また沢山寄せられた励ましのメッセージもここに一緒に託した。やっぱり一番厳しい被害を受けた人たちに、少しでも温かい声を伝えたいと思って。

かくして皆の気持ちはちゃんと益城の人々に届いたのです。



(続く)






弘晃

055.gif: wagoichi◆excite.co.jp (◆を@に)
HP: わごいち(←クリック)

066.gif今日の丹錬
・無呼吸木刀300回
・無呼吸四股100回


[PR]
by wagoichi | 2016-11-15 16:06 | 行事
<< 熊本義援金総括(後編) 土からの教育 >>



「原点が導くこれから」という感じでしばらく探り書きです。

by 三宅弘晃
以前の記事
最新の記事
その7.はじめの一歩
at 2017-04-22 14:03
道を拓く
at 2017-04-19 11:33
その6.生き甲斐の花びら
at 2017-04-18 15:12
その5.3Kの目
at 2017-04-17 18:26
ONE?TWO?
at 2017-04-14 17:26
その4.自分の人生をはじめる
at 2017-04-12 17:15
新しい丹足の資格について
at 2017-04-11 16:33
「直伝!丹足集中セミナー」を..
at 2017-04-10 17:50
歴史的邂逅
at 2017-04-09 20:36
ラスト無楽稽古
at 2017-04-08 12:32
その3.不便の神さま
at 2017-04-07 14:08
その2.誰も通らない道
at 2017-04-06 16:11
その1.屠殺場のウルトラコース
at 2017-04-05 15:36
混然一体な稽古
at 2017-04-02 17:00
癌の3要件 その2 癌と循環
at 2017-03-25 20:54
センスクイズ(中級編)の答え..
at 2017-03-22 17:16
カテゴリ
検索
フォロー中のブログ
ブログパーツ
ブログジャンル